割引のあるカーリースを紹介!リース料金が安くなる方法や注意点とは

更新日:2022.04.25
カーリースの割引について

車は高額のため、少しでも安く買いたいものです。そのため、購入する際には、ディーラーや販売店などで交渉をする方も多いのではないでしょうか。また、同じくカーリースを検討している方の中にも、割引サービスを使って、より安く利用したいと考えている方もいるでしょう。

そこで、カーリースにはどのような割引があるのか、リース料金を安くするための方法や利用時の注意点などを紹介します。


ネット割でさらに安く利用できるカーリースはこちら


【この記事のポイント】
✔カーリースの割引にはネット割引やガソリン代値引きなどがある
✔月額料金を安くしたいなら割引よりも契約内容が重要になる
✔残価精算のないクローズドエンド方式で契約すればずっと定額で利用できる

カーリースの料金に割引はある?

カーリースの料金に割引はある?

車をディーラーや販売店から購入する場合、値引交渉に応じてくれることもあります。一方、カーリースの場合はリース会社が仕入れの際にすでに交渉していることが多いため、購入時のような価格交渉は難しいことが多いでしょう。そのため、基本的にはネット上に掲載されている月額料金がそのまま適用されるのが一般的です。

しかし、割引や価格交渉以外の方法で、月額料金を安くできる可能性はあります。   

カーリースの契約方式

例えば、契約方式の一種であるオープンエンド方式を選択し、残価を高く設定すれば月々のリース料金を安くできます。
ただし、オープンエンド方式では契約満了時の残価精算が必要となるため、差額を支払わなくてはいけない可能性があるので注意が必要です。

そのため、残価精算が不要なクローズドエンド方式の安いカーリースを選んで契約するのがおすすめです。クローズドエンド方式での契約かつ、ネット割引が適用の月額料金となる定額カルモくんなら、業界最安水準の月額料金で利用することができます。


業界最安水準の定額カルモくんについて詳しくチェックする

割引の種類

割引の種類

カーリースのおもな割引サービスには、車両本体価格から指定の金額が割引になる「ネット割引」や、提携ガソリンスタンドでの給油料金が割引される「ガソリン代値引き」などがあります。また、契約後にキャッシュバックを用意しているカーリースもあります。ここでは、カーリースで利用できる割引サービスについて確認しましょう。

ネット割引

ネット割引とは、審査や契約などの手続きをオンラインで利用する際の割引のことです。

割引金額はリース会社によって異なりますが、例えば、「おトクにマイカー 定額カルモくん」では最大49,500円の割引の適用が可能です。(2021年11月時点)

このような割引ができる理由に、実店舗を多く持たないことが挙げられます。定額カルモくんは、オンラインでのサービス提供をメインとしていることから、人件費や家賃などの店舗の運営費をかけないことで、固定費を減らし、より安い価格で提供することが可能となっています。


定額カルモくんについて詳しく知りたい方はこちら

ガソリン代値引き

ガソリン代値引きとは、提携するガソリンスタンドを利用した際に1Lあたりのガソリン代・軽油代が値引きされるサービスです。おもに、ガソリンスタンドが運営するカーリースで提供されています。

値引き金額もリース会社によって異なりますが、最大で1Lあたり5円引きのカーリースもあります。なお、このような値引きを受ける際には、リース会社指定の給油カードの使用や給油上限などの条件が定められていることもあるため、あらかじめ規約を確認しておきましょう。

カーリースの料金を安くする方法

カーリースの料金を安くする方法

割引やキャンペーンを利用すれば手軽に安く利用できます。しかし、割引サービスだけでなく、カーリースの月額料金を安くするには契約期間を長くしたり、車種のグレードを下げたりする方法もあります。また、リース会社によっては頭金を入れることができたり、ボーナス払いに対応したりしている場合もあるでしょう。

そこで、カーリースの月額料金を、割引サービス以外で安くする方法を確認しましょう。

長期契約できるカーリースを選ぶ
月額料金の安い車種を選ぶ
頭金を用意する
ボーナス払いができるカーリースを選ぶ
走行距離など契約内容に限定条件を設ける
自分に合ったメンテナンスプランのあるカーリースを選ぶ
特別価格の車種を選ぶ
中古車カーリースを選ぶ

長期契約できるカーリースを選ぶ

カーリースの月額料金は、車両本体価格から残価を差し引き、契約年数に応じた支払い回数で割った金額となります。そのため、月々の利用料金を安くしたいなら、契約年数を長めに設定できるリース会社を選ぶのがおすすめです。

例えば、定額カルモくんでダイハツ「ミライース」を契約した場合、契約年数によって以下のような違いがあります。


〈契約年数別のミライースの月額料金〉

契約年数 月額料金
3年 27,060円
7年 14,740円
11年 11,220円

*グレード「B」、オプションなし、メンテナンスプランなしの場合

このことからもわかるように、契約期間が長いほど月額料金を安く抑えることができます。


ミライースのカーリースをチェックする

月額料金の安い車種を選ぶ

カーリースの月額料金を安くしたいなら、車両本体価格が安い車種やグレードに乗るのもひとつの方法です。

軽自動車やコンパクトカーなど排気量の少ない車種は車両本体価格が安く設定されているのが一般的です。ただし、最近では高性能の軽自動車も増えていることから、車種によっても金額は異なります。

また、上位のグレードほど車両本体価格は上がるため、同じ車種でもグレードによってリース料金が異なります。例えば「ミライース」のグレードにはベーシックなBグレードから、上位のGグレードまで用意されており、それぞれのグレードで特別仕様車も選べます。

11年契約の場合で比べると、最も安いBグレードは月々11,220円〜、上位グレードの特別仕様車「G リミテッド SA III」は月々16,660円〜となっています。そのため、予算に合わせて車種やグレードを選ぶのがおすすめです。


業界最安水準のカーリースなら安心!

頭金を用意する

基本的にカーリースでは頭金が不要ですが、中には頭金を入れられるカーリースもあります。頭金を入れることで支払総額が減るため、月額料金を安く抑えて車に乗ることができます。

ただし、頭金を入れてしまうと、初期費用や頭金が不要というカーリースのメリットを活かすことができません。また、家計への負担が大きくなってしまうため、別の方法で月額料金を安くするのがおすすめです。

ボーナス払いができるカーリースを選ぶ

リース会社によっては、ボーナス払いを併用できます。ボーナス払いを設定すると年に2回まとまった支払いが必要になりますが、月額料金を安く抑えることが可能です。ただし、頭金と同様、ボーナス払いを設定してしまうと定額制というカーリースのメリットを活かすことができません

また、ボーナスの支給額が減った場合でも、まとまった金額を用意しなくてはならないので、ライフプランを考え直さなければならなくなってしまいます。そのため、月額料金を安くするメリットよりもデメリットのほうが大きくなってしまう可能性があります。

走行距離など契約内容に限定条件を設ける

車の価値は、走行距離や使用年数が長くなるほど下がります。そのため、カーリースでは契約時の想定下取り価格である残価も、使用に応じて設定されます。また、月額料金は車両本体価格から残価を差し引いて算出するため、残価が高くなるほど、リース料金は安くなります

このしくみを利用して、走行距離など契約内容に限定条件を設けることで、残価を高く設定できる可能性があります。制限距離が選べるカーリースなどであれば、この方法が利用できるでしょう。

自分に合ったメンテナンスプランのあるカーリースを選ぶ

リース会社の多くは、日常的なメンテナンスや車検などを定額化できるプランを用意しています。このようなプランはオプションとなることも多いため、加入しなければ月額料金を安く抑えることは可能です。

しかし、月額料金に加えて、維持や管理にまとまった費用がかかる可能性もあります。また、リース会社によっても対象となるメンテナンスが異なるため、安いプランでは内容が不十分なこともあるでしょう。そのため、対象となるメンテナンスの内容や料金を基に、自分に合った維持費の節約につながるプランを選ぶことが大切です。


メンテナンスプランが充実しているカーリースはこちら

特別価格の車種を選ぶ

リース会社の中には、期間限定で特別価格の車種(特選車など)を用意しています。常に提供されているわけではないこと、希望の車種があるかわからないことなど注意点はいくつかありますが、車種にこだわりがなく、とにかく安く乗りたい方におすすめです。


最短3週間で納車できるカーリースもある!

中古車カーリースを選ぶ

リース会社によっては新車だけでなく、中古車も取り扱っています。中古車は新車よりも車両本体価格が安いため、月額料金を安く抑えることが可能です。ただし、同じリース会社でも新車と中古車でリース条件が異なる場合があるため、中古車カーリースを利用する際は、利用条件や契約内容などをよく確認しておきましょう。


安い順_中古車

一見、安く見えるカーリースには注意!

一見、安く見えるカーリースには注意!

カーリースの中には、月額10,000円以下で利用できる安価なサービスもあります。しかし、このようなあまりにも安いリース料金の場合、残価精算が発生するオープンエンド方式での契約であったり、ボーナス払いが必須だったりする可能性が高いでしょう。そのため、契約時には残価精算の有無や費用が発生するタイミングなどを確認することが大切です。

また、一見安く見えるボーナス払い必須のカーリースでも、均等払いにすると思ったより高くなってしまうこともあります。そのため、ボーナス払いなしの支払総額で比較することが大切です。

これらを踏まえると、ボーナス払いが不要で、契約満了時の負担がないクローズドエンド方式で契約できるカーリースなら安心して利用できるでしょう。


定額カルモくんなら月々10,000円台だけど安心して利用できる

カーリース料金の注意点

カーリース料金の注意点

ボーナス払い不要のクローズドエンド方式で契約したカーリースであれば、基本的に月額料金のほかに料金がかかることはありません。しかし、場合によっては中途解約による違約金や、契約満了時の原状回復費用などが必要になることがあります。そのようなカーリースの料金に関する注意点も確認しておきましょう。

違約金

カーリースはあらかじめ期間を定めて契約を結ぶため、原則として中途解約ができません。
そのため、ライフプランなどを考慮して無理のない範囲で契約年数を決めることが大切です。

また、やむをえない理由で中途解約が認められた場合でも、違約金や解約金が発生することがあります。違約金や解約金は、残りのリース期間分の月額料金や事務手数料、損害金などの合計額となるのが一般的です。

さらに、事故などで車が全損となった場合は強制解約となり、同様の違約金が発生します。
このような事態に備えて、事故時の違約金をカバーできる任意の自動車保険に加入しておくと安心でしょう。

原状回復費用

カーリースでは、所有権はリース会社が持っているため、契約満了時にリース会社に車を返却しなければなりません。そのため、利用者には車を借りたときの状態に戻してから返却する原状回復義務があります

原状回復は利用者自身が返却時に行う場合とリース会社に費用を支払う2つのパターンがありますが、どちらにしても利用者が負担しなくてはいけません。

しかし、リース会社の中には、原状回復費用補償がコミコミになるプランが選べるカーリースもあります。そこで、原状回復費用補償プランのあるカーリースについて詳しく見ていきましょう。

ネット割でもっと安く新車に乗れるカーリースが人気

セールススタッフ

数あるリース会社の中でも、ネット割や原状回復費用補償がコミコミのプランなど、お得にカーリースを利用できるサービスが充実している定額カルモくんが人気を集めています。ここでは、できるだけ安く車に乗りたい方におすすめの定額カルモくんについて詳しくご紹介します。

最大49,500円のネット割

定額カルモくんは、オンライン販売をメインとしたカーリースです。審査や契約手続きをネットや郵送で対応することでコストカットを実現し、最大49,500円のネット割でより手頃な価格でカーリースを利用できます

さらに、申込みのタイミングによっては、Amazonギフト券のプレゼントやキャッシュバックなどのキャンペーンが利用できることもあるので、よりお得に利用できるでしょう。

原状回復費用補償付きのメンテナンスプラン

メンテナンスプラン

定額カルモくんには、メンテナンス料金や車検費用、返却時の原状回復費用補償がコミコミになるメンテナンスプランがあります。定額化したいメンテナンスや必要な補償に合わせてプランが選べるので、自分に合った方法でカーリースが利用できます。

そのほかにも、定額カルモくんにはさまざまなメリットがあります。
・最長11年契約で月々の利用料金を抑えられる
・業界最安水準の月々11,220円から新車に乗れる
・国産メーカーの全車種、全グレードから好みの車を選べる
・初期費用や頭金が不要なので貯金がなくてもカーライフが始められる
・ボーナス払いが不要なので家計への負担が少ない
・中古車リースも提供しているため、希望の車にさらに安く乗れる可能性がある

一般的に審査のないカーリースはありません。まずは、業界最安水準の定額カルモくんの「お試し審査」で利用できるか確認してみませんか?


最短5分_さっそくお試し審査に申し込む

※審査に通っても契約にはなりません

割引だけでなく、総合的に考えて安くなるカーリースを選ぼう

割引だけでなく、総合的に考えて安くなるカーリースを選ぼう

カーリースを安く利用するには、ネット割引やガソリン値引きといった割引サービスを使うだけでなく、リーズナブルな車種やグレードを選んだり、契約期間を長くしたりするなどさまざまな方法があります。そのため、契約方法や支払方法、違約金・原状回復費用なども含めて、総合的に考えて安く利用できるカーリースを選ぶようにしましょう。

※記事の内容は2021年12月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1カーリースにはどんな割引がある?

A:カーリースのおもな割引サービスには、オンライン申込みによる「ネット割引」や、提携ガソリンスタンドで使える「ガソリン値引き」があります。また、キャッシュバックキャンペーンなどを実施しているリース会社もあります。なお、リース会社によって提供している割引サービスは異なります。

Q2カーリースを安く利用する方法は?

A:カーリースを安く利用する方法には、車両本体価格が安い車種を選ぶ、残価を高く設定する、契約期間を長くする、割引サービスを適用するなどがあります。また、期間限定で提供される特選車を利用するなどの方法もあります。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。
お試し審査