買取できるカーリースが知りたい!リース車を買い取るメリットや方法を紹介

公開日:2021-09-28更新日:2021-09-28

カーリースの買取について

近年人気を集めている定額制のカーリース。返却を前提としたサービスですが、買取ができればさらにお得に利用できるのではないかと検討している方もいるのではないでしょうか。そこで、買取できるカーリースの特徴やそのしくみ、リース車を買い取るメリットなどを紹介します。

【この記事のポイント】
✔カーリースによっては、契約終了時に車の買取が可能
✔カーリースの車を買い取る際は、費用が発生するので注意が必要
✔定額カルモくんなら、オプションで車がもらえる

カーリースは返却を前提としたサービス

カーリースは返却を前提としたサービス

カーリースは、リース会社が所有する車を、毎月の定額料金を支払って長期的に借りる方法です。あらかじめ契約期間を設定し、契約期間が終了したら車をリース会社に返却します。その後、リース車は中古車として取引きされるのが一般的です。

カーリースの残価2

こうしたしくみから、カーリースでは契約時に下取り予想価格である残価を設定しています。また、月額料金は車両価格から残価を差し引き、残った金額を契約期間で割ることで決まります。なお、月額料金には各種税金や自賠責保険料、サポート料などが含まれています。

買取が可能なカーリースの3つの特徴

買取が可能なカーリースの3つの特徴

カーリースは返却を前提とした定額制サービスですが、契約方式やプランによっては買取ができるケースがあります。ここでは、買取ができるカーリースの特徴と合わせて、車がもらえるカーリースについて見ていきましょう。

オープンエンド方式のカーリース

カーリースの契約方式

カーリースの契約方式には、残価精算のあるオープンエンド方式と残価精算のないクローズドエンド方式の2種類があります。この契約方式によって、買取できるかどうかが異なります。

●オープンエンド方式
オープンエンド方式は、契約終了時の残価精算を前提とした契約方法です。そのため、オープンエンド方式では買取ができるようになっています。ただし、下取り価格が残価を下回っていた場合には、契約者が差額を負担しなくてはいけません。

また、オープンエンド方式の場合、契約者が希望の残価を指定できるのが一般的で、残価を高く設定すれば月額料金を安くすることができます。しかし、月額料金を抑えられる代わりに、残価精算の負担が大きくなってしまう可能性があるため注意が必要です。

●クローズドエンド方式
クローズドエンド方式は、残価精算のない契約方式です。そのため、下取り価格が残価を下回っていても、差額の負担はありません。また、原則として返却を前提としているため、買取はできません。

このように、オープンエンド方式では買取ができますが、月額料金を下げるために残価が高く設定されることも多く、想定より差額の負担が大きくなる可能性があるので注意しましょう


契約方式について詳しく知りたい方はこちら

買取ができる料金プランがある

オープンエンド方式であれば残価精算により買取ができますが、クローズドエンド方式でも契約終了時に買取ができる料金プランやオプションが用意されていることがあります。なお、リース会社や契約内容によっても異なりますが、買取時点での車の市場価値などを参考にした車両価格を支払うことで買取できる場合もあります。

また、どちらの場合も、名義変更手数料や各種税金の支払いが別途かかります。

オプションで車がもらえる

買取ではありませんが、カーリースによっては車がもらえる場合があります。

例えば、定額カルモくんの「もらえるオプション」は、7年以上の契約の場合、月々500円プラスするだけで車をもらう選択が可能です。そのため、契約終了時にまとまった費用の負担もありません

オプション費用を買取金額と考えても、年間6,000円とかなりお得といえるでしょう。また、買取のカーリースのように数年先の下取り価格を気にする必要もないので、安心してカーライフを過ごせます。


月々500円

カーリース車を買い取るメリット・デメリット

カーリース車を買い取るメリット・デメリット

買取できるカーリースなら、リース車をマイカーのように使用できたり、いずれは売却できたりといったメリットがあります。しかし、買取にまとまった費用がかかるなど、デメリットも理解しておく必要があります。そこで、カーリースの車を買い取るメリットとデメリットを紹介します。

メリット

カーリース車を買い取るメリットには、以下のようなものがあります。

●リース車をマイカーにできる
契約終了後に買取すれば、リース車をマイカーとして利用できます。一般的にリース期間中は走行距離制限がありますが、買取後はその心配もありません。また、リース期間中にはできなかったカスタマイズやドレスアップも可能になります。

●乗り慣れた車に乗り続けられる
カーリースは年単位での長期契約なので、車を使用しているうちに愛着が湧いてくることもあるでしょう。新しい車に乗り換えるときのわくわくした気持ちも捨てがたいですが、乗り慣れた車の方が安心して乗れるという方も多いのではないでしょうか。

●売却できる
買取後に不要になったら、マイカーのように売却することも可能です。売却すれば、リース期間中の費用や買取費用の一部を回収できる可能性もあります。しかし、車の状態や走行距離、車種やカラーごとの人気度などによって売却額に変動があります。売却を見据えて買取する場合は注意しましょう。

●状態のいい車に乗れる
一般的な中古車の場合、前オーナーの使用状況がわからず、見えない部分に傷みがあることも少なくありません。しかし、カーリースではこまめにメンテナンスができるように、メンテナンス費用が定額化されていることがあります。そのため、買取後も安心して乗れる可能性が高いでしょう。

デメリット

カーリース車を買い取るデメリットには、以下のようなものがあります。

●維持費を自分で支払う必要がある
車を所有する際には、定期的に各種税金や自賠責保険料の支払いが必要です。カーリース契約中はそれらの維持費が月額料金に含まれていますが、買取後は自分で支払う必要があります。そのため、カーリース契約中と比べて、負担が大きく感じる可能性があるでしょう。

●名義変更の手続きが必要になる
リース契約中、所有者の名義はカーリース会社となっています。そのため、買取後に自分で名義変更の手続きを行う必要があります。なお、カーリース会社によっては名義変更を代行してくれることもありますが、その場合には手数料が発生します。

●買取に費用が必要なケースが多い
契約内容によっても異なりますが、毎月の定額料金だけでリース車を買い取ることは難しく、買取時にはまとまった費用がかかるのが一般的です。また、買取費用のほかにも、リサイクル料や各種税金などの支払いも必要です。

●中途解約には違約金がかかる
原則としてカーリースは契約途中での解約ができません。そのため、買い取れるのは基本的に契約期間終了後となります。なお、中途解約が認められた場合には、規定の違約金が発生する可能性があります。

このようにオープンエンド方式のカーリースなどでは、残価精算時の買取にまとまった費用がかかる場合が多いですが、定額カルモくんなら月々500円で車がもらえるので家計への負担を抑えることができます

定額カルモくんなら月々500円で車がもらえる!

セールススタッフ

買取できるカーリースを探しているなら、車がもらえる定額カルモくんがおすすめです。国産メーカーの全車種から好きな車を選べて、月々500円のオプションだけで契約終了時に車がもらえるので、乗り慣れた車にマイカーとして乗り続けることができます。ここでは、定額カルモくんの魅力を解説していきます。

月々500円で車がもらえる

オープンエンド方式のカーリースや買取できるプランを用意しているカーリースでは、買取費用は高額であることも多く、まとまった負担が必要です。一方、定額カルモくんなら7年以上の契約の場合、月々500円のオプションを追加するだけで車がもらえるので、まとまった費用の負担はありません。そのため、家計に負担をかけずに、将来的にはマイカーが手に入ります。

国産全メーカーの全車種から新車を選べる

定額カルモくんでは、国産メーカーの全車種・全グレードの新車を取り扱っています。また、購入時と同じようにオプションやカラーの選択も可能なので、自分好みの一台を選ぶことができます。

また、月々10,000円台から利用できる日本一安いカーリース*なので、予算に合わせて車選びが可能です。月々10,000円台の車種も豊富にラインナップされているので、コスパ重視の方にもおすすめです。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ) 

メンテナンスプランで車検費用も定額にできる

カルモくんメンテカバー項目

カーリースによって車検費用の扱いは大きく異なりますが、定額カルモくんならメンテナンスプランで車検費用も定額にできます。

定額カルモくんのメンテナンスプランは予算に合わせて3種類用意されており、車検点検料や消耗品の交換費用もカバーできるので、車の維持費のほとんどを月額料金にまとめることが可能です。このように、車に関する支出のほとんどが一本化されるため、家計管理が簡単になるのもポイントです。

走行距離を無制限にできる

一般的にカーリースでは月間1,000km程度の走行距離制限が設けられています。また、制限を超えてしまった場合、超過料金が請求されることもあります。中には、オプションで制限距離を無制限にできることがありますが、追加費用がかかってしまいます。

しかし、定額カルモくんなら月間1,500kmと余裕をもった距離設定となっているので安心です。さらに、7年以上の契約なら、無償で走行距離制限が無制限になります。そのため、お得な月額料金だけでマイカーのように自由に車に乗ることができます。

サポートサービスが充実している

3冠獲得

定額カルモくんでは、気軽に相談できるマイカーコンシェルジュが在籍しており、電話やメール、LINEで問い合わせができるようになっています。そのため、契約前の車選びや、契約中のちょっとした疑問や困ったことなども相談可能です。

また、専門家が選ぶカーリースでは「サポートが充実しているカーリース」で1位を獲得しています。このように、サポート体制が整っている定額カルモくんなら、安心してカーライフを過ごすことができるのではないでしょうか。


一番安い車種で審査


定額カルモくんなら契約満了時に車がもらえる

早速リースを探すならこちら

TOP

安い順

人気順

気になるモデルがある場合は、メールやフリーダイヤルを利用して気軽に質問してください。知識の豊富な専門家が最適な車選びをサポートいたします。

フリーダイヤル

メール

買取できるカーリースより負担の少ない、車がもらえるカーリースがおすすめ! 

買取できるカーリースより負担の少ない、車がもらえるカーリースがおすすめ!

将来的にマイカーを持ちたいと考えているなら、買取できるカーリースより、定額カルモくんのように車がもらえるカーリースがおすすめです。高額な買取費用がかからず、負担を抑えて将来的にマイカーを持つことができるので、よりお得なカーライフが送れるのではないでしょうか。

よくある質問

Q1:買取できるカーリースはある?

A:基本的に返却を前提としたサービスですが、カーリース会社や契約内容によっては買取できることもあります。また、中にはオプションで車がもらえる定額カルモくんのようなカーリースもあります。

Q2:カーリース車を買取するメリットは?

A:愛着のある乗り慣れた車にそのまま乗り続けられるのは大きなメリットでしょう。また、カーリースではこまめにメンテナンスできる料金プランが多いため、一般的な中古車よりも状態のいい車を使用できることもメリットとして挙げられます。さらに、買取後に不要になれば、売却することも可能です。

Q3:カーリース車を買い取るときの注意点は?

A:カーリース車は、残価精算や市場価値に応じた金額で買い取るのが一般的です。そのため、車の状態や契約内容によっては、高額な買取費用が発生する可能性があります。費用の負担を軽減したい場合は、定額カルモくんのように少ない負担で車がもらえるカーリースが安心でしょう。

関連記事