任意保険付きのカーリースはお得?リースに必要な補償の選び方や相場を紹介

公開日:2021-09-05更新日:2021-09-09

任意保険付きカーリースについて

近年、注目を集めている定額制で新車に乗れるカーリース。月額料金でさまざまな費用をカバーできるのが魅力ですが、基本的に任意保険は自身で加入しなくてはいけません。そのため、任意保険付きのカーリースでお得に乗りたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで、任意保険付きのカーリースは本当にお得なのか、リースに必要な補償や選び方を紹介します。

【この記事のポイント】
✔カーリースには任意保険付きのサービスもある
✔任意保険は別途加入したほうが補償内容を選びやすい
✔定額カルモくんなら、好きな任意保険を選んでも車にかかるコストを抑えられる

任意保険付きのカーリースのメリット・デメリットとは?

任意保険付きのカーリースのメリット・デメリットとは?

自賠責保険でカバーできない範囲に補償がつけられる任意保険。一般的にカーリースの月額料金には自賠責保険が含まれていますが、任意保険付きのカーリースでさらにコストを抑えたいと思っている方もいるでしょう。そこで、任意保険付きカーリースのメリットとデメリットを紹介します。

メリット

任意保険付きのカーリースには、次のようなメリットがあります。

●車に関する支払いをまとめられる
カーリースの月額料金には、自賠責保険料や各種税金が含まれています。通常は別途契約する任意保険もカーリースの支払いに含められれば、車に関する支払いをさらにまとめられるので、家計管理の手間も軽減できるでしょう。

●手続きが簡単になる
自分で任意保険に加入する場合には、カーリースの契約手続きとは別に任意保険の加入手続きをしなくてはいけません。しかし、任意保険付きのカーリースならすべての手続きを一度で済ませられるので、手間も省けます。また、任意保険付きのカーリースは補償内容がある程度決まっていることが多いため、補償選びの手間もかかりません。

●保険を使っても料金が変わらない
任意保険には年齢や事故の有無などによって等級が定められており、1年間無事故だった場合に1等級上がるしくみになっています。また、無事故の期間が長くなり、等級が上がるほど保険料は安くなります。反対に、事故などで保険を使用すると、等級が下がるため、保険料が高くなります。

しかし、任意保険付きのカーリースの場合は、保険を使用しても保険料が変わらないため、料金の変動がありません。

デメリット

任意保険付きのカーリースには、次のようなデメリットがあります。

●等級が引き継げないことがある
カーリース会社によっても異なりますが、契約前に自身で任意保険に加入していた場合、その等級を引き継げないことがあります。これまでの等級より下がった場合、一般的に保険料は上がります。そのため、等級が引き継げる場合よりも、リース料金が高くなる可能性があります。

●補償が選べないことがある
任意保険付きのカーリースでは、補償内容があらかじめ指定されていて自由に選べないことがあります。また、不要な補償が含まれていることもあるので、自分で必要な補償を選んで加入するよりも保険料が高額となる可能性もあります。そのため、等級が引き継げる場合よりも、リース料金が高くなるケースもあるでしょう。

無駄な費用をかけたくないという方は、補償内容を自分で選んで任意保険に加入するのがおすすめです。

自賠責保険と任意保険の違いは?

自賠責保険は事故時の被害者の身体に関する賠償を対象としている一方で、任意保険では自賠責保険でカバーできない範囲に対する補償をプラスすることができます。ここでは、自賠責保険と任意保険の違いについて見ていきましょう。


〈自賠責保険と任意保険の違い〉

                                                             
自賠責保険任意保険
補償内容人身事故の対人賠償のみ対人・対物賠償
自分・搭乗者の傷害補償

車両保険など
補償額一人あたりの上限
・傷害補償:120万円まで

・後遺傷害補償:4,000万円まで

・死亡による損害:3,000万円まで
保険よって補償額は異なる

このように、自賠責保険には人身事故時の相手方への賠償補償しかないため、自分や同乗者がケガなどを負った場合や、自分の車や相手の物などを壊してしまったときのために、任意保険に加入する必要があります。また、自賠責保険の対人賠償の補償額には上限があるため、上限額を超えた場合は、任意保険でカバーすることができます。

事故は自分がいくら気を付けていても、巻き込まれてしまうこともあります。任意保険に加入していれば、さまざまな状況に対応でき、示談交渉も保険会社に任せることができます。安心してカーライフを送るためにも、万が一の事態に備える任意保険が必要といえるでしょう。

カーリースにはどうして任意保険が必要なの? 

カーリースにはどうして任意保険が必要なの?

もしものときに備えるためだけでなく、カーリースには原状回復や違約金などのルールがあるため、任意保険に入っておくのがおすすめです。カーリースに任意保険が必要な理由について詳しくご紹介します。

修理費用が自己負担になる

カーリースでは返却時の原状回復義務があるため、返却する際には、契約期間中についた傷やへこみなどの修理をしなくてはいけません。また、修理にかかる費用は原則自己負担となります。そのため、任意保険に入っていれば、修理費用の負担を軽減できるでしょう。

車が走行不能になると違約金が発生する

カーリースでは基本的に中途解約は認められていませんが、車が全損して走行不能になってしまった場合など、やむをえない理由で解約となったときには違約金が発生します

なお、残りの契約期間分の月額料金がまとめて違約金として請求されるのが一般的です。カーリースに特化した任意保険などでは、このような違約金もカバーできる場合があります。

カーリースに必要な任意保険の補償の選び方 

カーリースに必要な任意保険の補償の選び方

カーリースは長期契約や返却を前提としたサービスの特性上、マイカーとは補償の選び方が異なります。車の修理費用を補償してくれる車両保険や、カーリースならではといえる中途解約に対応できる特約をつけるなど、カーリースに必要な任意保険の補償の選び方について解説します。

対人・対物賠償は無制限に設定する

対人賠償責任保険とは、自賠責保険の賠償額を超えた場合に補填するための保険、対物賠償責任保険とは車などの物に与えた損害に対して補填するための保険のことです。

事故を起こしてしまった場合、状況によっては高額な賠償金が発生します。しかし、カーリースの月額料金に含まれている自賠責保険では、人身事故による対人賠償しか補償されず、補償額にも上限があります。

このように自賠責保険の範囲外の賠償責任が発生したり、上限額を超えた治療費や賠償金が発生したりした場合、任意保険に入っていなければそれらの費用が自己負担となります。そのため、対人や対物賠償の補償額は無制限に設定するのがおすすめです。

人身傷害保険をつける

人身傷害保険とは、運転者自身や同乗者が事故で死傷した場合に補償される保険です。人身傷害保険に加入していれば、治療費や働けないあいだの収入などを保険でカバーできます。カーリースの月額料金に含まれている自賠責保険にはこれらの補償は含まれていないため、加入しておくといいでしょう。

車両保険をつける

車両保険とは、自分の車に発生した損害を補償する保険です。事故で車を傷付けてしまったり、故障させてしまったりといった場合の修理費用に加えて、自然災害や当て逃げなど、自分ではどうにもできない状況でできた傷やへこみの修理費用もカバーできます。

カーリースでは返却する際に原状回復が必要なので、車両保険に入っておくのがおすすめです。

中途解約などに対応する特約をつける

カーリースでは原則として中途解約ができないため、車が走行不能になり強制解約となった場合などには、違約金が発生することがあります。なお、このような違約金も基本的に自己負担となりますが、カーリースに適した任意保険であればカバーできることもあるので、万が一のときのために入っておくと安心でしょう。

カーリースの任意保険選びを簡単にする方法はある?

カーリースの任意保険選びを簡単にする方法はある?

カーリースの任意保険の補償内容には聞き慣れない用語が多く、内容の理解が難しかったり必要な補償が選びにくかったりすることも多いでしょう。しかし、ちょっとしたコツを知っておくだけで、迷わず選べるようになります。そこで、カーリースの任意保険選びを簡単にする方法を紹介します。

カーリースに適した任意保険を探す

一般的な任意保険の中にはリース車も対象としている場合もありますが、中途解約の際の違約金など、カーリースでは購入時にはない費用が発生することもあります。そういった状況にも対応できるよう、カーリースに適した任意保険を探すことが重要です。

中にはカーリース向けの任意保険を用意している保険会社もあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

任意保険について相談ができるカーリースを利用する

カーリース会社によっては、任意保険について相談ができるサービスもあります。

定額カルモくんでは、お客様専任のマイカーコンシェルジュが在籍しており、契約前でも車やリースについての相談が可能です。そのため、車選びに関することはもちろん、任意保険についても相談でき、任意保険の紹介も行っています

自分にあった任意保険を選ぶのが難しいという方は、定額カルモくんのように相談できるカーリースを利用するといいでしょう。

結局、カーリースの任意保険にはいくらかかる? 

結局、カーリースの任意保険にはいくらかかる?

任意保険付きのカーリースでは補償を選ぶことはできませんが、別途加入してカーリースに必要な補償をつけた場合、実際にどれくらいの任意保険料がかかるのでしょうか。以下の契約条件を例に補償内容や保険料をシミュレーションしてみましょう。なお、任意保険は一括払いのほかに、分割払いができる場合もあるので、カーリース料金とあわせて支払いをフラットにできます。

〈契約条件〉
用途:通勤や通学
年齢:35歳以上補償
免許の色:ゴールド
運転者:契約者のみ
対象の車:軽自動車(ホンダ「N-BOX」)
車の登録番号の運輸支局:品川
自動車保険の加入状況:未加入
運転者年齢条件:35歳以上
運転者の範囲に関する特約:本人限定


〈シミュレーション結果〉

                                                                                                                                 
保険補償内容年間の保険料
基本補償対人賠償保険無制限年間34,530円
対物賠償保険無制限
対物超過修理費用特約
他車運転特約
あり
人身傷害保険3,000万円
無保険車傷害特約2億円
追加補償車両保険150万円年間 52,740円

※三井ダイレクト損保「自動車保険シミュレーション・簡単見積もり」を使用
※2021年7月時点

カーリースでも安心して利用できるよう、対人賠償や対物賠償を無制限にした場合、年間の保険料は34,530円というシミュレーション結果になりました。さらに、車両保険を追加した場合の保険料は1年間で52,740円となります。

このように、一般的に車両保険の有無で年間の保険料は大きく異なります。しかし、もしもの事故や返却時の原状回復費用に備えて、カーリースの利用時には車両保険があると安心です。カーリースの月額料金と任意保険料のバランスを考えながら選ぶといいでしょう。

定額カルモくんのように月々の料金が安いカーリースなら、任意保険料に入っても、車に関するコストが抑えられます。ここからは、定額カルモくんの魅力についてご紹介します。

定額カルモくんなら好きな任意保険に加入しても安い!

セールススタッフ

任意保険付きのカーリースを利用するのもひとつの方法ですが、必要な補償を選びたい方には、任意保険料を別途負担しても安く利用できる定額カルモくんがおすすめです。ここでは、月々10,000円台から新車に乗れるなど、定額カルモくんがおすすめの理由について見ていきましょう。

日本一安い*月々11,220円から新車に乗れる

定額カルモくんなら、月々10,000円台の車種も多く、日本一安い*月々11,220円から新車に乗ることができます。さらに、国産メーカーの全車種、全グレードを扱っているので、予算にあわせた車種選びが可能です。そのため、月々のリース料金はできるだけ安く抑えて、任意保険の補償を充実させたいという方にもおすすめです。

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ) 

メンテナンスプランで車検費用も定額にできる

カルモくんメンテカバー項目

通常、カーリースでは車検やメンテナンスの費用は自己負担となり、その都度支払いが必要です。しかし、定額カルモくんなら、メンテナンスプランで車検やメンテナンス費用も月額料金に含めることができるので、維持費のほとんどがフラットになります。

さらに、メンテナンスプランには、契約終了までメーカー保証と同等の保証が受けられるプランもあるので、任意保険の補償とあわせて利用するのがおすすめです。

任意保険も相談できる充実のサポート体制

定額カルモくんにはお客様専任のマイカーコンシェルジュが在籍しているため、電話やLINE、メールなどで車やリースについて相談できます。契約に向けての車選びはもちろん、任意保険選びについても相談できるので、予算や用途などにあわせて相談してみてはいかがでしょうか。

将来的にマイカーが手に入る

カーリースでは基本的に車の返却が前提となっているため、自分のものにならない点を懸念している方もいるでしょう。しかし、定額カルモくんなら、7年以上の契約の場合に月々500円で車がもらえるオプションプランがあります。将来的にはマイカーを持ちたい方や、支払ったリース料金を無駄にしたくないという方にもぴったりのサービスです。


定額カルモくんなら契約満了時に車がもらえる

早速リースを探すならこちら

TOP

安い順

人気順

気になるモデルがある場合は、メールやフリーダイヤルを利用して気軽に質問してください。知識の豊富な専門家が最適な車選びをサポートいたします。

フリーダイヤル

メール

任意保険に入っても安く使えるカーリースを選ぼう

任意保険に入っても安く使えるカーリースを選ぼう

任意保険付きのカーリースなら手間がかからないというメリットがある一方で、割高になることもあります。お得にカーリースを利用したいなら、任意保険は別途加入して自分にあった補償内容を選ぶのがおすすめです。月々10,000円台から利用できる定額カルモくんなら、任意保険料をあわせても月々の費用を抑えることができます。

よくある質問

Q1:任意保険付きのカーリースはある?

A:あまり多くはありませんが、任意保険付きのカーリースもあります。

Q2:任意保険付きのカーリースのメリット・デメリットは?

A:任意保険の加入手続きが不要になったり、車に関する支払いをまとめられたりといったメリットがある一方で、補償内容を自分で選べなかったり、不要な補償で料金が割高になってしまったりなどのデメリットもあります。

Q3:好きな任意保険に加入しても安く利用できるカーリースは?

A:安くカーリースを利用したいなら、定額カルモくんがおすすめです。月々11,220円から新車に乗ることができるので、好きな任意保険に加入しても、月々の負担を抑えることができます。さらに、車がもらえるオプションプランなど、お得にカーリースが利用できるプランがそろっています。

関連記事