自己破産してもカーリースは契約できる?注意点や審査のコツをFPが解説

更新日:2022.10.10
自己破産をした方のカーリース利用について

カーリース契約には審査があるため、自己破産したことがある方は利用できるかどうか心配でしょう。また、契約中に自己破産をするとどうなるのでしょうか。そこで、債務整理の注意点やリース契約への影響などについて、ファイナンシャルプランナーの伊藤真二さんの解説と併せてご紹介します。


ファイナンシャルプランナーの伊藤真二です。月々定額で利用できるカーリースは、車にかかるコストをフラットにしながら手軽に車に乗れるサービスです。車が必要なのにカーローンの審査に通らないという方が、カーリースを利用できているケースは多数あります。自己破産をした方が車を持つ方法について詳しく見ていきましょう。


なお、カーリースを利用できるかまずは確かめたいという方は、下のバナーから気軽にチェックできます。


審査が不安な方にも_業界最安水準のカーリース


【この記事のポイント】
✔自己破産後、数年間はカーリースやローン、クレジットカードなどの契約は難しい
✔ファミリーカーであれば自己破産をしてもカーリースを利用できる可能性がある
✔自己破産後に審査を受ける場合は、信用情報を確認するのがおすすめ


審査に不安があった方も多数利用しているカーリースはこちら

自己破産はカーリース契約にどう影響する?  

自己破産はカーリース契約にどう影響する?

自己破産をした場合、カーリースや借入れなどの契約にどのような影響があるのでしょうか。自己破産とはどういった状態なのかを確認し、カーリースを利用できるのか解説します。

そもそも自己破産とは

自己破産とは債務整理の一種で、個人の借金やローンが返済不能になった場合に、裁判所に破産申立てをして免責許可を受け、返済が免除されることです。

自己破産をすると借入れなどの返済義務はなくなりますが、未払いの税金や社会保険料などの支払義務は継続されます。また、持っている財産はお金に換えて債権者に配当されるので、家や車などの資産を失うことになります。さらに、自己破産の履歴は一定期間、信用情報機関に保管されます。

自己破産をするとカーリースを利用できない?

ローンやカーリース、クレジットカードなどの契約を結ぶためには審査があり、その際、信用情報機関への信用情報の照会があります。自己破産などの債務整理の履歴があると、返済能力が低いと判断されやすいため、自己破産後は審査に通ることが難しくなります。

しかし、カーリースをずっと利用できないというわけではありません。自己破産の履歴は、信用情報機関のCICやJICCには5年間、KSCでは10年間、各機関に登録されます。その期間を待ち、自己破産の記録が消えてから申し込めば、審査に通る可能性はあるでしょう。


自己破産の記録が残っていても、リース会社によって審査の基準は異なるので、安定的な収入があるなどの状況により、カーリースを利用できているケースはあります。できるだけ料金の安いカーリースを選べば、審査対象となる金額を抑えられるので審査に通りやすい可能性があり、継続的にリース料金を支払っていく上でも安心です。



業界最安水準の「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、カーローン審査に落ちて車を持つことをあきらめかけていた方も多く利用しているカーリースで、サービス開始から4年で10万人以上の申込実績があります。

料金が安いので審査対象となる金額を抑えやすく、また、下のバナーから試せる「お試し審査」なら、一番安い車種で利用できるかをチェックし、後で車種やプランを変更できるので、審査に不安のある方にぴったりです。まずは気軽に確かめてみましょう。


申込者数10万人以上_お試し審査してみる

カーリース契約中に自己破産するとどうなる?  

カーリース契約中に自己破産するとどうなる?

自己破産がカーリースなどの契約にも影響を与えることがわかりましたが、実際にカーリース契約中に自己破産した場合、車の保持やリース料金の支払いなどはどうなるのでしょうか。対応についての規約はリース会社により異なるので、すみやかに申し出て相談することが大切ですが、一般的には以下のようになります。


自己破産をすると資産を失うことになりますが、99万円以下の現金、生活に必要な日用品や衣服、処分見込額が20万円以下の車など、自由財産の保持は認められています。一方、リース会社が所有権を持つカーリースの車は、自由財産の対象にはなりません。そのため、契約中のリース車両は引き揚げられるのが一般的で、生活への影響は大きいといえます。


1. 基本的に返却を求められる

自己破産をすると、家や車などの資産は差し押さえられ、処分の対象となります。ただし、リース車両を勝手に処分することはできません。カーリースの車は月額料金を払って借りている状態なので、自己破産となると、基本的にはリース会社から車の返却を求められます。

なお、車の返却期限は、リース会社主導での話し合いで決まります。もし返却まで期間がある場合でも、価値を保持するためには乗らないほうがいいでしょう。また、契約時の状態に原状回復をして返却しなければいけないので、自身でカスタマイズをしていた場合はすべてもとの状態に戻す必要があります。詳しくはリース会社に相談しましょう。

2. 一般的にリース料金の支払いは免除される

カーリースは、あらかじめ期間を決めて長期的に車を借りる契約を結び、契約者は月々の使用料を支払うことで、マイカーのように車を使用できるしくみです。月額料金は車両本体価格から残価を差し引いた金額を、契約期間で割って算出するため、本来であれば契約期間中の解約は認められていません

しかし、自己破産をするとリース契約の支払義務はなくなるので、残っている期間分のリース料金の支払いが免除されることになります。

3. 連帯保証人がいると乗り続けられる場合もある

一般的にリース契約中に自己破産をすると、車は返却しなければいけませんが、契約時に連帯保証人を立てていた場合には、返却せずに車に乗り続けられるケースもあります。ただし、その場合、契約者が支払えなくなった月額料金を連帯保証人が支払うことになります

カーリース契約中に自己破産したときの対応と注意点

カーリース契約中に自己破産したときの対応と注意点

自己破産をするとさまざまな手続きが必要ですが、ほとんどの場合は弁護士を通して進めることになるでしょう。ただし、現在カーリースの契約をしているなら、自身でも対応について知っておくと安心です。そこで、カーリース契約中に自己破産した場合の対応や注意点についてご紹介します。

車検証の所有者を確認する

自己破産をしたら、まずは車検証の所有者を確認しましょう。一般的にカーリースの契約では、リース会社が所有者となっています。

ただし中には、契約書ではリース会社が所有者に、車検証では契約者が所有者になっているケースもあります。そういった場合、自己破産の手続きの中で車をどうするかが決まります。リース会社から車の返却要請があったからとすぐに返却してしまうと、自己破産の手続きで問題が発生する可能性もあるので、指示があるまで車の返却は待ちましょう。

受領証をもらう

弁護士に自己破産の手続きを依頼している場合も、車の返却は契約者自身で行うのが一般的です。トラブル防止のためにも、返却の際にはリース会社から受領証を必ずもらっておきましょう。リース会社が車を引き上げたことの証明になります。

なお、自己破産の手続きには数ヵ月かかることも多く、自己破産申立て前に車を返却する場合もあります。

勝手に処分しない

基本的には自己破産をすると車を返却することになりますが、場合によっては返却を求められないケースも考えられます。そのため、自己判断で勝手に処分しないように気を付けましょう。

なお、車の所有者はリース会社なので、自己破産したことを隠して使用することはできません。また、基本的に契約期間中の名義変更はできないので、家族の名義に変更して乗り続けることも難しいでしょう。


もし、リース会社がリース車両を引き取りに来ずリース車両が手元に残った場合、財産目録に記載した上で、車の取扱いは裁判所が破産管財人として選出した弁護士に任せましょう。勝手な判断で処分してしまうと、管財事件として扱われることがあり、自己破産の手続きに高額の費用がかかるなど、不利益となる可能性があります。


自己破産してカーリースやカーローンの審査に通らないときの対処法

自己破産してカーリースやカーローンの審査に通らないときの対処法

自己破産をした経験があっても、生活を立て直してから車を持つことは可能です。ただし、自己破産の経験があると、カーローンやカーリースの審査に通らないこともあるでしょう。そこで、自己破産をして審査に通らないときの対処法についてご紹介します。


先述のとおり、自己破産などの債務整理の記録は信用情報機関に5~10年程度保管されます。記録が残っているあいだは審査に通るのが難しいため、自身の信用情報が現在どのような状況かをまず確認しておくのがおすすめです。
また、自己破産の履歴があっても、現在の収入が安定していれば契約を結べる可能性もあります。なお、一般的な審査基準として、年収200万円以上や勤続年数が1年以上あることなどを目安とするといいでしょう。


家族名義で申し込む

自身の情報では審査に通らない場合でも、ファミリーカーとして利用するのであれば、家族名義で申し込むことも有効です。その場合、おもな使用者が契約者でなくてはならない点には注意が必要です。

カーリースによっても規約は異なりますが、例えば定額カルモくんでは、「生計を一にする家族であれば、契約者本人でなくてもリース車を運転できる」としています。そのため、自己破産の経験があっても、安定した収入のある配偶者などに契約してもらうことで、カーリースの利用が可能です。

ただし、車庫証明の車の保管場所には契約者の自宅から2km以内の場所を登録しなくてはいけません。住所の異なる家族の名義でカーリース契約をする場合は、あらかじめ車の保管をどこにするか、指定の場所でも問題ないかどうかをリース会社に相談しておきましょう。

自社審査のサービスを利用する

カーローンやカーリースの中には、独自の基準で審査を行うサービスもあります。

自社ローンはおもに中古車販売店で提供されている方法で、販売店に購入代金を立て替えてもらった上で、分割払いで支払います。サービスとしてはローンと呼ばれていますが、信販会社を通して審査を行う一般的な金融商品としてのローンとは異なります。

そのため、信用情報など過去の借入れや返済状況などを参照することはありません。現在の収入や就労状況、借入状況などから支払能力が判断されることになります。

収入が安定していて、一定の勤続年数があり、十分に支払えると判断されれば、審査に通る可能性があります。ただし、自社ローンには金利がない代わりに、手数料が購入代金に上乗せされるケースが多いでしょう。また、支払いが滞ると、車が引き揚げられる可能性もあります。

カーリースでも、信販会社を通さずに自社で独自の審査を行っているところがあり、大手リース会社に比べて審査は甘い傾向があります。しかし、サービス内容が劣っていたり、手数料が高かったりという点に注意が必要です。



審査に不安のある方へ


料金の安いカーリースなら、審査対象となる金額を抑えやすく、審査に通る可能性を高められます。業界最安水準の定額カルモくんは、頭金・ボーナス払いなしで月々10,000円台から利用でき、サービス開始から4年で申込者数が10万人を突破した人気のカーリースです。詳しいサービス内容について、下のバナーからチェックしてみましょう。


人気のカーリース_詳しくみる

審査に不安のあった方も多数利用中!業界最安水準のカーリースの魅力  

新車が月1万円ちょっと

自己破産など債務整理の経験があって、カーリースの審査に通るか、また、カーリースの料金を支払い続けられるか不安を感じる方にもおすすめなのが、業界最安水準の「おトクにマイカー 定額カルモくん」です。

自己破産の情報が信用情報機関に残っているあいだは審査通過が難しいですが、家族名義のファミリーカーとしてなら利用できる可能性があります。また、金融事故情報が消えた後に審査に通って契約できている方も多数います。その魅力をご紹介しましょう。

料金が安いから審査対象の金額を抑えやすい!コスパの良さは専門家も高評価

三冠獲得

定額カルモくんには、月々10,000円台で乗れる新車が多くあります。中でも、ダイハツ「ミライース」なら新車に月々11,220円から乗れるので、家計の負担を抑えてカーライフを実現できます。定額の低料金で利用できるため、リース料金を継続的に支払っていくことに不安を感じている方にも向いているでしょう。

また、料金が安いほど審査対象となる金額を抑えやすく、審査に通る可能性が高まるので、業界最安水準の料金で利用できることは大きなメリットといえます。

さらに、サービス内容も魅力満載です。7年以上の契約で全車走行距離制限なし、契約満了時に車を返却しなくていいオプションが追加可能など、充実したサービスで専門家からも高く評価されています*。


なぜ審査に通る可能性があるのかもっと詳しく知りたい方はこちら


*■調査方法:インターネット調査 ■調査期間:2021年2月12日~15日 ■調査概要:カーリース10社を対象にしたイメージ調査 ■調査対象:男女、全国、18~69 歳、運転免許保有、(1)(2)週1回以上運転するファイナンシャルプランナー176s、(3)カーディーラー勤務者297s ■調査実施:株式会社ショッパーズアイ ■比較対象企業:「カーリース」Google 検索9社(2021年1月29日10 時時点)※広告、まとめサイトなどを除く

審査に不安があったが定額カルモくんを利用できたという方の声 

顧客対応満足度

定額カルモくんは、顧客対応満足度98.9%*を誇り、契約前からの手厚いサポートに定評があります。どのような点が評価されているのか、実際に定額カルモくんを利用している方の体験談を見てみましょう。

なお、自己破産などの債務整理を行っていなくても、カーローン審査に落ちた経験があるといった理由から審査への不安を抱えている方は少なくありません。そのような方がどのような経緯で定額カルモくんの審査に通ったのか、また、利用してみてどう感じているのかなどをご紹介します。


Kさん

車を購入するときにローン審査を受けたんですが、落ちてしまいました。おそらく、過去に携帯料金を払い忘れたことが影響しているんだと思います。でも、カーリースなら審査に通るかもしれないという情報を聞いて申し込んでみたら、無事に審査に通りました。ちゃんと契約できて、欲しかった車種の新車に乗れて満足しています

Iさん

前の車を買うとき、名が通った企業に勤めていたのにローンの審査に落ちてしまったんです。おそらく学生のころにクレジットカードの支払いが遅れたことが影響したのかな。だからローンは難しいと思っていたんですが、試しに定額カルモくんの審査を受けてみたら受かったんです。これまでローンで中古車を買っていましたが、定額カルモくんならずっと定額の料金だから、無理なく新車に乗れています

Kさん

これまで何度もローン審査を受けたけど、ダメだったんです。きっと無理だろうと思いながらも、カーリースの定額カルモくんに相談したら、一度審査を受けてみることになって。そうしたら、審査に通ったと連絡が来てびっくりしました。嘘でしょ?って。今までいろんな車に乗ってきましたが、相棒と呼べるS660の新車に乗れて満足しています。


このように、カーローン審査に落ちて新車を持つことをあきらめかけていた方が、定額カルモくんで新車を利用できて満足しているというケースは多数あります。最後にご紹介したKさんのように、相談窓口で状況や不安について話してみるのもおすすめです。下の好きな方法でまずは気軽に問い合わせて、最適な方法を見つけてみましょう。


平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)


*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

利用できるか「お試し審査」で簡単にチェック!  

お試し審査の流れ 車種Ver

カーリースで利用できる車種やプランを知るためには、定額カルモくんの「お試し審査」がおすすめです。仮の車種を選び、5分程度の入力だけで手間なく申し込めます。結果は通常翌営業日に届くので、利用できるかすぐに確認できます。

審査通過後に、利用できる範囲の車種やプランを案内してもらえるので、相談しながらじっくりと検討することが可能です。審査をしても契約にはならず、選んだ車種やプランの変更もできて安心。そのため、審査に通りやすい、できるだけ安い車種を選んで申し込んでみてはいかがでしょうか。まずは利用できるか気軽にチェックしてみましょう。


車種やプランは後から選べる_お試し審査をしてみる

自己破産をしても車に乗れる方法はある!  

自己破産をしても車に乗れる方法はある!

自己破産をすると、基本的には審査の通過が難しくなってしまいます。ただし、一定期間が経過すれば、審査に通るケースもあります。また、家族名義での契約であれば、利用できる可能性があります。もし自己破産の経験があり、カーリースを検討しているのなら、まずはリース会社に相談してみるというのもひとつの方法です。

業界最安水準の定額カルモくんは、審査に不安のあった方も多数利用できているカーリースです。その魅力について、詳しくは下のバナーをチェックしてみましょう。


人気のカーリース_詳しくみる



サービス資料(パンフレット)もございます。

サービスガイド

定額カルモくんのサービス内容や素朴な疑問への回答など、詳しくご紹介しています。


定額カルモくんを資料で詳しく知る



※この記事は2022年9月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q1自己破産してもカーリース契約はできる?

A:自己破産の情報は、CICやJICCでは5年間、KSCでは10年間、各信用情報機関に登録されます。そのため、自己破産したばかりで新たにローンやリースなどの契約を結ぶのは難しくなります。ただし、収入が安定して勤続年数が長くなるなど、審査基準を満たしている状態であれば、審査に通過できるケースもあるでしょう。

Q2カーリース契約中に自己破産したらどうなる?

A:自己破産をすると、家や車などの資産は差し押さえられ、処分の対象となります。カーリースは月額料金を払って車を借りている状態なので、自己破産をすると、基本的にはリース会社から車の返却を求められます。また、リース契約の支払義務はなくなるので、残っている期間分のリース料金の支払いが免除されることになります。

Q3審査に不安のある方におすすめのカーリースは?

A:業界最安水準の料金で利用できる定額カルモくんがおすすめです。低料金で審査対象となる金額を抑えやすいので、料金の高いカーリースよりも審査に通る可能性があります。実際に、カーローン審査に落ちた方が利用できているケースも多数あります。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。

不安な方はいますぐチェック

不安な方はいますぐチェック