車のリースの価格はいくらくらい?価格帯ごとの代表車種を紹介します

公開日:2021-04-26更新日:2021-08-12

車のリース価格について

カーリースは頭金・初期費用なし、月額料金のみで新車に乗れるのが特徴です。では、その月額料金は、いったいいくらくらいなのでしょうか?

ここでは、カーリースの月額料金に含まれている費用の内訳や、「おトクにマイカー 定額カルモくん」がご用意している代表的な車種を価格帯ごとにご紹介します。あなたの予算に合った車種はどれなのか、ぜひチェックしてみてください。


あなたが乗りたい車がすぐに見つかる!定額カルモくんの新車選びはこちらから!

カーリースの代表的な車種を価格帯別に紹介!

カーリースの代表的な車種を価格帯別に紹介!

「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、国産メーカーの全車種を取り扱っています。つまり、国産車なら、どの新車でも乗れるということです。ただ、選べる車が多い分、どれにしようか悩んでしまうという方や、月額料金が気になるという方もいるでしょう。

そこで、定額カルモくんで取り扱っている代表的な車種を価格帯別に紹介します。予算に合う価格帯にはどんな車種があるのか、また、好きな車種がいくらくらいなのか、ぜひ確認してみてください。


「おトクにマイカー 定額カルモくん」の全車種検索はこちら

月額1万円台で乗れる車種

月額1万円台で乗れる車種

まずは、定額カルモくんを利用して月額1万円台という低価格で乗れるおすすめの車種をご紹介します。月々の費用をなるべく抑えるなら、これらの車種をチェックしましょう。

<ダイハツ ミライース>

ミライース

ダイハツのミライ―スは「低価格・低燃費・安全装備」が魅力の、スタンダードな軽自動車です。手頃な価格ながら、先進安全機能「スマートアシスト」を搭載。軽自動車界屈指のコストパフォーマンスの高さが評価されています。軽快なドライビングなので、初めてのマイカーにもおすすめです。なおミライ―スは、定額カルモくんの全車種中、最安車種となっています(2021年3月時点)。


「ダイハツ ミライース」の料金シミュレーションはこちら


<スズキ アルト>

アルト

スズキ アルトは、軽自動車のラインナップが豊富なスズキの中でも、多くの方に長年愛されてきたベーシックモデルです。リーズナブルな価格からは想像がつかないような個性的なスタイルと、軽快な走行性能が特徴。ガソリン車ではトップクラスの37.0km/Lという低燃費を誇ります。


「スズキ アルト」の料金シミュレーションはこちら


<スズキ ワゴンR>

ワゴンR 

1993年の販売開始以降、軽ハイトワゴンという市場を開拓し、確固たる地位を築いたスズキ ワゴンR。広い居住空間や見やすい視界による運転のしやすさ、新開発のエンジンを搭載した低燃費などが人気の秘密です。機能面では、事故そのものを未然に防ぐ予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用し安心して運転することができます。
ワゴンRはスズキが長年自信を持って販売している主力モデルです。


「スズキ ワゴンR」の料金シミュレーションはこちら


<ホンダ N-BOX>

N-BOX

ホンダ N-BOXは、2020年までの4年間、国内の新車販売台数で連続1位を獲得した人気の軽自動車です。スーパーハイトワゴンの車内は、ゆったりと過ごせる空間の広さが特徴。利便性が高く、ファミリーカーとして人気です。ホンダの高い技術力によって、軽量ボディながら車体の不安定さは解消されており、軽快な走りと人を選ばない操作性を実現しました。


「ホンダ N-BOX」の料金シミュレーションはこちら


<トヨタ パッソ>

パッソ

 優れた走行性能と燃費性能を兼ね備えたトヨタ パッソは、コンパクトカーながらも広い車内空間を実現。外観デザインはシンプルで親しみやすい標準モデルの「X」と、洗練された上質なデザインが目を引く「MODA」の2種類があり、好みに合わせて選べます。Xを除く全グレードに衝突回避支援システム「スマートアシスト」を搭載。安全性能やコスパにも優れた人気車種となっています。


「トヨタ パッソ」の料金シミュレーションはこちら


定額カルモくんで月額1万円台の車種をチェック!

月額2万円台で乗れる車種

月額2万円台で乗れる車種

定額カルモくんで月額料金が2万円台で利用できる、おすすめの車種をご紹介します。

<ホンダ フィット>

フィット

2020年2月に4代目となったホンダ フィットは、広い車内空間や利便性の高さが人気のコンパクトカーです。心地よい視界、座り心地、乗り心地、使い心地という、数値では測れない4つの心地よさをテーマに、乗る人の満足感を高めてくれます。ホンダ独自の安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプに標準装備し、危険をいち早く検知できるのも魅力です。


「ホンダ フィット」の料金シミュレーションはこちら


<スズキ ソリオ>

ソリオ

スズキの人気車種スズキ ワゴンRをベースに、5人乗りの普通車に生まれ変わらせたのがスズキ ソリオです。最大の魅力は、荷物を乗せる空間と後部座席の快適性が、格段に高まった点です。軽自動車のトールワゴンでは足りない方や、ミニバンでは大きすぎる方にぴったりといえます。車内高と積載量、実用性の高さから、ファミリー層に人気のある売れ筋のモデルです。


「スズキ ソリオ」の料金シミュレーションはこちら


<トヨタ カローラアクシオ>

アクシオ

トヨタ カローラアクシオは、「大人4人が安心・安全、快適に長距離移動できるミニマムサイズの車」をテーマに作られた5ナンバーのモデルです。衝突回避を支援する安全装備と、アクセルペダルの踏み間違いで起きる衝突被害軽減に役立つ機能も備えた安全性に優れたセダンとして、大きな車の運転に不安がある方からも絶大な信頼を寄せられています。


「トヨタ カローラアクシオ」の料金シミュレーションはこちら


<スズキ スイフトスポーツ>

スイフトスポーツ

スズキ スイフトスポーツは、コンパクトなボディにパワフルなエンジンを搭載し、走行時の安定性や旋回性能に優れているのが特徴です。その名のとおり、トップレベルのフットワークを実現したスポーツモデルとなっています。安全装備は、前方の歩行者や車を検知する衝突軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載。室内空間はシックな黒を基調に赤やシルバーをアクセントにしており、多くのドライバーの遊び心をつかんで離しません。


「スズキ スイフトスポーツ」の料金シミュレーションはこちら


<日産 ノート>

ノート

 革新的なハイブリッドモデルである日産 ノートは、「e-POWER」と呼ばれる新しい動力源によって、走行感や加速・減速のスムーズさが人気を呼んでいます。ポイントは、コンパクトボディながら広々とした室内や、リアシートの居住性の高さにも定評がある点です。2017年には運転システムをさらに改良し、安全装備の面も充実。トップセールスモデルとして、自動車界を引っ張っていく車種といえるでしょう。


「日産 ノート」の料金シミュレーションはこちら


定額カルモくんで月額2万円台の車種をチェック!

月額3万円台で乗れる車種

月額3万円台で乗れる車種

定額カルモくんで月額料金が3万円台で乗れる車種には、全世代から人気の高い車種がずらりと並びます。さっそく見ていきましょう。

<トヨタ プリウス>

プリウス

トヨタが誇るベストセラー車、トヨタ プリウスの魅力は、圧倒的な燃費の良さです。熱効率に優れたエンジンと、空力性能を高めるための小型軽量化など、低燃費を実現させるための技術が詰め込まれています。このほか、天井の形を工夫することで居住性が高まり、大人4人が乗っても十分にくつろげる室内空間を実現した点も注目ポイントです。個性的なフォルムでありながら気品も感じさせる、トヨタの信頼と実績が反映されたモデルです。


「トヨタ プリウス」の料金シミュレーションはこちら


<日産 エクストレイル>

エクストレイル

ハイブリッドのSUVで不動の人気を獲得しているのが、日産 エクストレイルです。アウトドアでの活躍を考えて設計されており、どんな悪路でも高い走行性能を発揮できるのが最大の魅力となっています。また、水濡れや汚れに強いインテリアやユーティリティも備えており、スポーツやキャンプが趣味の方から若いファミリー層まで、幅広い年齢層の支持を得ている高機能モデルです。


「日産 エクストレイル」の料金シミュレーションはこちら


<トヨタ ヴォクシー>

ヴォクシー

トヨタ ヴォクシーは、常に新車登録台数の上位にランクインしている、国産モデルの王道ともいえるミニバンです。2段に分かれたシャープなヘッドランプやエアロ仕様の外観が、アグレッシブなイメージを求める方からも好評です。7人乗りのミニバンで、スポーティな車をお探しの方にぴったりの車種といえるでしょう。


「トヨタ ヴォクシー」の料金シミュレーションはこちら


定額カルモくんで月額3万円台の車種をチェック!

月額4万円以上で乗れる車種

月額4万円以上で乗れる車種

最後に、定額カルモくんで月額料金が4万円台から乗れる車種をご紹介します。

<マツダ ロードスターRF>

ロードスターRF

マツダの誇るオープンカー、マツダ ロードスター。その系譜から新生したマツダ ロードスターRFの最大の特徴は、電動開閉式ハードトップとなったルーフにあります。その開閉時間はわずか13秒。オープン時には独自のリアルーフ形状となり、個性的なフォルムへと変化するのも魅力的です。また、商品改良により、交通標識システムやロングドライブに役立つ「ドライバーアテンションアラート」を装備し、安全性が高まっています。


「マツダ ロードスター」の料金シミュレーションはこちら


<ホンダ オデッセイ>

オデッセイ

ホンダ オデッセイは、ミニバンの中でも床面が低めの設計となっており、年齢を問わず乗り降りしやすいのが特徴です。低重心による安定した走行性能に加え、ホンダの先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」を搭載。内装は触り心地の良い上質なインテリアとゆとりのある室内空間で、贅沢なドライブ時間を演出してくれます。乗り心地と安全性を両立させた一台です。


「ホンダ オデッセイ」の料金シミュレーションはこちら


<トヨタ クラウン>

クラウン

国産高級セダンの代名詞とも言えるのが、トヨタ クラウンです。時代とともに常に最先端技術を採用し、「安全・安心」と「快適・便利」なサービスを提供してきました。車両や歩行者、さらには自転車までも検知し衝突回避する機能を始め、6つの安全装備をパッケージとした「トヨタセーフティセンス」を採用しています。定額カルモくんでは、月額5万円台からトヨタ クラウンの新車に乗ることができます。


「トヨタ クラウン」の料金シミュレーションはこちら


定額カルモくんで月額4万円以上の車種をチェック!


カーリースがお得な理由は?

カーリースがお得な理由は?

カーリースのお得な理由として、まずはローンではないので頭金などの初期費用が不要な点が挙げられます。
さらに、カーリースの月額料金には、車にかかるさまざまな費用が含まれています。
例えば定額カルモくんの月額料金は、車両本体価格から返却時の車の価値(残価)を除いた部分に、下記の項目を含め、お客様のご契約期間のお支払回数(12〜132回)で割って算出しています。

定額カルモくんの月額料金に含まれるもの

 <定額カルモくんの月額料金に含まれるもの>
・車両本体価格
・自賠責保険料
・環境性能割
・自動車税
・自動車重量税
・仲介手数料
・お客様サポート料
・登録費用 など

それぞれの費用は本来、自分で都度払うべきものです。しかしカーリースの定額カルモくんなら、これらがすべて月額費用に含まれるので、毎月の支払いに対する負担感も減少します。しかも、毎月ずっと定額です

月額費用に含まれる項目のうち、特に重要な点について簡単に説明しましょう。

車両本体価格は「残価設定」でより安く

カーリースでは、残価設定を用いて月額費用を算出しています。残価設定とは、契約終了時に想定する本体価格(想定残価)をあらかじめ引き、月額費用を決める方法のことです。残価を引いた分だけ、新車の車両本体価格より安くなるので、支払額も低くなります。新車に乗れるのに、支払いが安くなるのはこの残価設定が影響しているからです。

さらにカーリースの残価設定には、2種類の方式があります。

オープンエンド方式クローズドエンド方式
契約終了時の想定残価について返却時の本体価格が想定残価を下回る場合は、差額の精算が必要返却時の本体価格がいくらであっても、残価の精算はなし
契約終了時の選択肢(1)再リースする
(2)残価を精算して買い取る
(3)残価を精算して返却する
(1)再リースする(期間の延長)
(2)返却する

定額カルモくんは、クローズドエンド方式です。返却時に残価を精算する必要がないので、契約終了時まで安心して車を利用できます。2つの方式のどちらで契約するのかによって、契約終了時の追加費用に影響が出る可能性があるため、契約前によくご確認ください。

購入時・車検時に払う「自動車重量税」

自動車重量税とは、車の重さに応じてかかる税金のことです。1年ごとに課税される税金ですが、新規で購入する際は3年分、車検時は2年分をまとめて支払うのが一般的となっています。


<自家用車の自動車重量税>※エコカー減税なし

車両重量3年(新車購入時)2年(車検時)
~500kg以下12,300円8,200円
~1,000kg以下24,600円16,400円
~1,500kg以下36,900円24,600円
~2,000kg以下49,200円32,800円
~2,500kg以下61,500円41,000円
~3,000kg以下73,800円49,200円

※エコカー減税が適用される車種は、2021年4月30日までに購入すればさらに減税となる
※軽自動車は一律税額。新車購入時は9,900円、車検時は6,600円(エコカー減税なしの場合)

自動車重量税は新車を購入した場合や車検時に、その都度自分で支払います。しかしカーリースの場合は、月額費用に自動車重量税が含まれているので追加費用がかかりません。この数万円単位の出費をその都度気にせず車を利用できるのは、大きなメリットといえるでしょう。

毎年払う自動車税もコミコミ

自動車税は、その年の4月1日時点で車を所有している人全員が支払う義務のある税金です。納める金額は排気量に応じて段階があり、排気量が多くなるほど高額になっています。どのぐらいの差があるのか見てみましょう。


<排気量別の自動車税>2019年10月1日以降に新車登録された車の場合

  
排気量自動車税の金額
軽自動車10,800円
排気量1,000cc以下25,000円
排気量1,000cc超~1,500cc以下30,500円
排気量1,500cc超~2,000cc以下36,000円
排気量2,000cc超~2,500cc以下43,500円
排気量2,500cc超~3,000cc以下50,000円
排気量3,000cc超~3,500cc以下57,000円
排気量3,500cc超~4,000cc以下65,500円
排気量4,000cc超~4,500cc以下75,500円
排気量4,500cc超~6,000cc以下87,000円
排気量6,000cc超110,000円

自動車税の支払いは毎年必ず必要であり、排気量が多い車であるほど費用もかかるので、家計への負担が大きいと感じている方も多いのではないでしょうか。
しかし、カーリースは自動車税も月額料金に含まれているので、自己負担は発生しません

車に必須の自賠責保険も価格に含まれる

車を購入すると、必ず加入しなければならないのが自賠責保険です。自賠責保険は加入が義務付けられており、車検費用といっしょに支払うのが一般的となっています。

しかしカーリースでは、この自賠責保険も月額料金に含まれており、自己負担はありません。購入時や車検の際に大きな負担を感じることがなく毎月の支払額は一定です。

ただし、自賠責保険と混同されやすい任意加入の自動車保険は、月額料金に含まれないことに注意しましょう。自賠責保険の補償範囲は、相手方への補償のみです。しかし車の事故は、自身のケガや車との衝突などさまざまなケースが考えられます。
思わぬ事故が原因で多額の損害賠償金を請求されたり、重大なケガを負ってしまったりするかもしれません。そのような万が一の事故に備えるためにも、幅広い補償に対応する自動車保険でカバーすることをおすすめします。

カーリースの口コミ

車のリースの価格は1万円台~!予算に合った車を選べる

「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、国産車の全車種を取り扱っているので、豊富な車種の中からお好きな車を選べます。特に月々1万円台や2万円台から利用できる車種を多く取りそろえているので、気軽にカーライフを楽しめるでしょう。まずは公式サイトから好みの車種の料金を確認してみてください。


カーリースの仕組みについてもっと詳しく知りたい方はこちら


よくある質問

Q1:カーリースの利用価格は、どれくらいが相場なんですか?

A:価格の相場はカーリース会社や希望車種によって料金に幅がありますので、一概に相場というものはいえません。ただ、定額カルモくんでは、軽自動車で月額1万円台から、普通車でも月額2万円台から利用できます。しかも、月額利用料に車両本体価格、自賠責保険料、環境性能割、自動車税、自動車重量税、各種手数料、登録費用などが含まれます。

Q2:カーリースの価格を自分の予算に合わせることができますか?

A:できます。定額カルモくんでは、公式サイトから各車種の料金シミュレーションが簡単に行えます。契約期間を長くするほど月々の価格は下がりますので、車種や賃貸期間を調整して決めていただけます。しかも、契約期間は1年単位で1年から最長11年まで自由に選べますので、ご自身の予算に合わせやすいカーリースといえるでしょう。

関連記事