軽自動車の法人向けカーリースでおすすめの会社はここ!その理由を徹底解説

更新日:2022.09.26
軽自動車の法人カーリースについて

法人向けのサービスからスタートしたカーリースですが、法人がリースを活用すると節税効果があるだけではなく、面倒な車検や保険の管理が不要になるなど、さまざまな効果があります。乗りやすさや小回りがきくことでビジネス用車両として人気が高い軽自動車も、もちろんカーリースで利用できます。特に、日本最安値級のカーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、軽自動車の法人カーリースでもおすすめです。

ここでは、カーリースや法人リースのしくみ、そして軽自動車の法人向けカーリースでおすすめの定額カルモくんで取り扱いのある、法人向けリースで人気の軽自動車をご紹介します


早速、定額カルモくんで気になる軽自動車をチェックしてみる

マイカーが貯金ゼロでも持てる

社用車なら法人向けカーリースがおトクな理由

社用車なら法人向けカーリースがおトクな理由

カーリースは当初、法人向けサービスとして始まり、現在でもカーリース利用の大半が法人向けの需要となっています。法人がカーリースを利用する理由はさまざまですが、リース料が経費処理できることや、車検を含めて車の管理が一元化できる点が法人にとっては大きな魅力となっており、2024年には法人向けカーリースの利用台数は480万台を突破するとの見込みも立てられています。

それでは、法人が社用車にカーリースを利用するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。法人向けカーリースのしくみから、メリットやデメリットなどについて解説していきます。


なお、定額カルモくんでは法人や個人事業主の方に向けて、専用の窓口をご用意しています。軽自動車で社用車をご検討の方は、お気軽にこちらまでお問い合わせください。


法人_個人事業主

法人向けカーリースの基本的なしくみ

基本的に、法人向けのカーリースには2つの契約タイプがあります。それぞれの契約タイプのしくみや違いについて紹介していきます。

■メンテナンスリース
メンテナンスリースは、一般的なカーリースの契約内容に加えて、車検にかかる点検費用や、オイルやタイヤ交換といった車のメンテナンスに必要な費用を月々のリース料金の中に含めることで、メンテナンスのための一時的なまとまった出費を抑えることができるタイプの契約です。

その分、月々のリース料金はファイナンスリースに比べて割高となります。ただし、多くの車を保有する法人にとっては、車の維持、管理が業務上の大きな負担になるため、メンテナンスリースを利用することで、車の維持、管理にまつわる業務をリース会社に任せることができるしくみとなっています。

なお、定額カルモくんではオプションで「メンテナンスプラン」をご用意しています。カバーする範囲に応じて、プランのグレードを選ぶことができますので、カーリースをご利用の際は、ぜひメンテナンスプランのご加入も検討してみてはいかがでしょうか。


早速、充実したメンテナンスプランのある定額カルモくんを利用してみる


■ファイナンスリース
ファイナンスリースは、ユーザーが希望する車種をリース会社が購入し、ユーザーはその車の本体価格と自動車税(種別割)、自動車重量税、自賠責保険料を契約期間で割った金額を月々のリース料金として支払うという、一般的なカーリースの基本的なしくみに即したタイプの契約です。

法人向けのファイナンスリースでは、毎年の自動車税(種別割)、2年ごとに行われる車検(初回車検は3年後)、そして車検時に支払う自動車重量税、自賠責保険料が月々のリース料金に含まれています。しかし、車検にかかる点検費用や、オイル交換といった消耗品の交換や日々のメンテナンスにかかる料金は含まれていません。

社用車をカーリースにするメリットは?

車を購入する場合、車の購入代金や税金、保険料など、一時的にまとまった金額の支出が発生します。そのため、事業や手元資金の状況によっては、カーローンなどを組んで資金調達する必要があります。

一方、カーリースの場合は月々の定額払いなので資金計画も立てやすく、一時的な大きな出費で資金繰りに影響が出るリスクも軽減されます。

さらに、車のような高額な商品の経費処理を行う場合、一般的には利用する期間に応じて費用として計上をする「減価償却」を行う必要があります。車を購入した場合、減価償却期間(新車の耐用年数)は普通乗用車なら6年、軽自動車は4年と定められています。

これがカーリースなら、月々のリース料金を支払うだけで済み、面倒な減価償却処理は不要で、経費として車の使用期間中ずっと全額計上できます。また、新車を購入した場合と異なり、カーリースの車は固定資産に計上されないため、節税対策にもなります。

社用車をカーリースにする際に注意する点

カーリースで社用車をリースする際に注意する点としては、リース契約は原則として中途解約ができないということです。契約期間中に事故が発生して車が全損扱いになった場合など、やむをえない事情で契約を継続できないと申し出て、リース会社に承認された場合でも、違約金などの支払いが生じます。

さらに社用車の場合、どうしても毎日の走行距離がかさみます。しかし、カーリースはリース会社によって、月単位や年単位で走行距離に一定の制限を設けていることがあります。もし、この走行距離制限をオーバーしていた場合は、契約終了時にその差額を請求される場合があります。また、リース車では、原状回復が難しい改造やカスタマイズを加えることも制限されています。

なお、定額カルモくんでは、契約から7年が経過した車両については走行距離が無制限となっています。ただし、こちらは個人契約の場合に限りますので、カーリースで社用車を検討している個人事業主の方は、個人契約でのご利用をおすすめします。

また、契約終了時に車両を返却する際、経年変化による塗装の劣化や通常使用における摩耗、軽微な傷に関しての修理費用は月額のリース料金に含まれているため、追加で請求されることはありません(限度を超えた摩耗や故意の汚れ、傷は除く)。


社用車をカーリースで!とお考えの個人事業主の方はこちらをチェック!

社用車はリースと購入どちらがおトク?

それでは、実際に社用車を調達する場合、カーリースと購入のどちらがおトクなのでしょうか。カーローンと比較した場合、まれにカーリースのほうが月々の支払額がカーローンを上回る場合があります。その理由として、カーリースでは税金など諸経費の支払いといった管理業務コストなどがリース料金に上乗せされるためです。

しかし、カーリースは残価を設定して、その差額に車の維持に必要な諸費用を加えた金額を契約期間で均等割りするため、月々の支払いを一定化できます。しかも、月々の支出は経費として計上できるため、カーローンよりもおトクなのはいうまでもありません


カーローンは車を維持する諸費用がドカッと定期的に発生する

loan


カーリースなら契約期間中はずっと月々の支出が一定にできる

lease

しかも、カーリースを利用すれば、車の管理業務は劇的に削減できます。例えば、定額カルモくんのメンテナンスプランを利用することで、故障や消耗部品の交換などのメンテナンスにかかる手間やコストを削減できます。中小零細企業や個人事業主の方で、車の事務処理にあたる人員が限られている場合、そのメリットはローン購入とカーリースの支払総額の差額を埋めるのに十分な価値があるといえるでしょう。


早速カーローンよりもおトクなカーリースを定額カルモくんで利用する

法人_個人事業主

法人向けカーリースでおすすめの軽自動車を紹介

法人向けカーリースでおすすめの軽自動車を紹介

軽自動車は社用車として、小回りがきいて運転しやすい点や燃費の良さコンパクトで駐車がしやすいといった理由で、とても人気があります。ここでは、カーリースを利用して、社用車として軽自動車をリースするメリットと、定額カルモくんでリース可能な社用車におすすめの軽自動車をご紹介します。


定額カルモくんで気になる軽自動車を社用車として探しているならこちらをチェック

社用車として軽自動車をリースするメリット

カーリースでは軽自動車(軽トラックを含め)を選択できます。軽自動車の場合、普通自動車と比較すると車両本体価格や各種税金が安いため、月々のリース料金を抑えられるメリットがあります。

複数の従業員が同じ車を運転する社用車の場合、ベテランドライバーがいる一方、免許取り立ての新入社員もいるなど、乗り手の運転技術に違いがあります。軽自動車なら車体が小さいので小回りがきき、住宅街の狭い道でも走りやすく、さらに狭い駐車スペースにも駐車しやすいため、運転に不慣れな従業員にハンドルを任せても、そこまで不安にはならない点もメリットといえるでしょう。

さらに現在、軽自動車は車種の展開が非常に多彩です。軽トラのように多くの荷物の積載に適した車種もあり、自家用と比較して多様な用途が求められる社用車でも、使用目的に合った車を選択しやすい点もメリットとして挙げられます。

定額カルモくんでリース可能な社用車に適した軽自動車の人気5モデル

それではいよいよ、定額カルモくんで社用車として人気の軽自動車5モデルを紹介していきましょう。


<おすすめ軽自動車のリース料金一覧>

車種名 定額カルモくんでのリース料金
ダイハツ「ミライース」 12,760円〜/月
スズキ「アルト」 13,030円〜/月
スズキ「エブリイワゴン」 19,080円〜/月
ホンダ「N BOX」 17,320円〜/月
スズキ「スペーシア」 16,110円〜/月


■おすすめその1:社員の安全性を考えるなら「ダイハツ・ミライース」

■おすすめその1:社員の安全性を考えるなら「ダイハツ・ミライース」

ダイハツが誇る予防安全装備「スマートアシストⅢ」を搭載した、高い安全性能を持つ営業車の定番モデルです。シンプルでシックな軽自動車のスタンダードとして、法人・個人問わずに人気があります。


定額カルモくんでダイハツ・ミライースをチェックする

この車でお試し審査_ミライース

※審査に通っても契約にはなりません


■おすすめその2:定番の営業車として大人気!「スズキ・アルト」

■おすすめその2:定番の営業車として大人気!「スズキ・アルト」

スズキのアルトシリーズは、営業車用として法人向けリースの中でも人気が高い車種です。人気の秘密は走行距離がかさむ社用車に適した燃費の良さで、癖のないスタンダードなデザインなので、訪問先を選びません。


定額カルモくんでスズキ・アルトをチェックする

この車でお試し審査_アルト

※審査に通っても契約にはなりません


■おすすめその3:営業用・配達用兼用で便利!「スズキ・エブリイワゴン」

■おすすめその3:営業用・配達用兼用で便利!「スズキ・エブリイワゴン」

ワンボックスカーなので、営業用としても、配達用としても、また工事現場などへ向かう足としても便利な軽自動車です。ゆとりの内部設計で、品物や道具などの運搬に実力を発揮します。さらに運転のしやすさにも配慮がされており、ハンドルを握る時間が長時間に及ぶ場合でも、ドライバーの負担を軽減してくれます。


定額カルモくんでスズキ・エブリイワゴンをチェックする

この車でお試し審査_エブリイワゴン

※審査に通っても契約にはなりません


■おすすめその4:底床で荷物をたくさん積める「ホンダ・N BOX」

■おすすめその4:底床で荷物をたくさん積める「ホンダ・N BOX」

ホンダのN BOXは、商用車、営業車としての使用も想定して設計されているのが特徴です。スライドドアを採用し、スライドドア側からも荷物を積み込めるので、人の乗り降りだけではなく、荷物の積み込みや積み下ろしもスムーズです。また、後部座席と助手席を折りたたむことでフラットなスペースを確保でき、大容量の荷物の積み込みにも対応できます。


定額カルモくんでホンダ・N BOXをチェックする

この車でお試し審査_N-BOX

※審査に通っても契約にはなりません


■おすすめその5:軽自動車には珍しくハイブリッド機能がある「スズキ・スペーシア」

■おすすめその5:軽自動車には珍しくハイブリッド機能がある「スズキ・スペーシア」

実は軽自動車には、本格的なハイブリッド機能がある車はほとんどありませんが、スズキのスペーシアにはモーターでガソリンエンジンをアシストする「マイルドハイブリッド」が搭載されています。アイドリングストップからの再発進のときにはモーターの力で再始動するので、音や振動がなく快適な乗り心地です。さらに全高が高いため車内が広々としており、荷物の積載容量も十分です。


定額カルモくんでスズキ・スペーシアをチェックする

この車でお試し審査_スペーシア

※審査に通っても契約にはなりません


法人_個人事業主

軽自動車も法人向けカーリースの活用でコスト削減

法人向けカーリースは、カーローンでの購入と比較すると、資金繰りや車の管理業務の面で活用するメリットは高いといえます。さらにカーリースを活用する場合、軽自動車を選択すれば経費を抑える効果だけではなく、運転のしやすさや商品の運搬力、多様な車種から選べるなどのメリットがあります。訪問先や用途のTPOに合わせて車種が選択できるなど、よりカーリースのメリットも活用できます。


早速、社用車でカーリースを活用するならこちら


気になるモデルが見つかりましたら、LINEやメール、フリーダイヤルを利用してお気軽にご質問ください。豊富な知識を持つ定額カルモくんの専門スタッフが、最適なお車選びをサポートいたします!


平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)


定額カルモくんの資料をご覧になりたい方は下のバナーからどうぞ

資料ダウンロード

よくある質問

Q1法人向けカーリースのメリット/デメリットは?

A:法人向けカーリースを利用する最大のメリットは、支払いを全額経費として計上できる点です。また、車は固定資産の中に含まれないため、節税効果がある点もメリットです。デメリットとしては、カーリースは原則として中途解約ができない点が挙げられます。

Q2法人向けカーリースとはどんなしくみ?購入との違いは?

A:カーリースはリース会社がユーザーに代わって車を購入し、その車をリースする形でユーザーが利用するしくみです。ユーザーは車購入のためにまとまった資金を準備する必要がなく、税金や車検の管理といった車を管理する上で必要な業務からも解放されます。

Q3社用車に軽自動車をリースするとおトクな理由は?

A:元々、軽自動車は車両本体価格が安く、さらに普通乗用車よりも税金が安いため、月々のリース料を抑えることができます。また、社用車の場合、営業用としてだけではなく、荷物の運搬などの用途で使うことも多く、軽自動車なら多様な車種の中から選択が可能です。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。
お試し審査