カーリースでもスポーツカーに乗れる?おすすめの理由と人気車種をご紹介

更新日:2022.02.20
カーリースで利用できるスポーツカーについて

スタイリッシュで走行性能も充実したスポーツカーに憧れている方は少なくないでしょう。しかし、スポーツカーは価格が高めに設定されているケースが多く、気軽に購入して乗れるわけではありません。そこで選択肢のひとつとなるのがカーリースです。定額制のカーリースなら、憧れのスポーツカーにも手が届く可能性があります。

ここでは、スポーツカーの人気車種をご紹介し、カーリースとローン購入を比較して、どちらがお得にスポーツカーに乗れるのかについて解説します。


業界最安水準のカーリースでは人気のスポーツカーに月々いくらで乗れるのでしょうか

先に詳しく知りたい方はこちら


【この記事のポイント】
✔カーリースで人気のスポーツカーはスカイライン 400Rやスープラ RZなど
✔スポーツカーはカーリースを利用すれば初期費用不要でお得に乗れる
✔業界最安水準のカーリースならサポート充実で安心してスポーツカーに乗れる

スポーツカーとは

スポーツカーとは

スポーツカーは走りを楽しめる車というイメージを持たれることが多いですが、実際にはどのような定義があるのでしょうか。改めて確認してみましょう。

スポーツカーとは普通乗用車よりもパワーの強いエンジンを搭載し、車高は低くサスペンションが利くなど、走りを重視して設計された車のことです。洗練されたスマートなエクステリアやインテリアも、スポーツカーの特徴のひとつです。

通常、スポーツカーとは2ドア・3ドアのクーペスタイルやファストバックスタイルのものを指しますが、中には4ドアセダンでスポーツカー仕様に性能を高めたものもあります。


カーリースでも利用できる、人気のスポーツカー4選はこちら

スポーツカーはカーリースでも利用できる?

スポーツカーはカーリースでも利用できる?

一般的な車より高額になりがちなスポーツカーも、カーリースで利用できれば毎月定額でお得に乗ることができます。実際に、カーリースではスポーツカーを扱っているのでしょうか。詳しく見てみましょう。

カーリースでもスポーツカーを取り扱っている

カーリース会社でもスポーツカーを扱っているところは多く、人気の車種であれば問題なく利用できるでしょう。

例えばスポーツカーをレンタルしようと思うと、スポーツカー専用のレンタカー会社に問い合わせなくてはならず、かなり不便です。その点カーリースであればネット契約をするだけで、自宅まで届けてくれるため面倒もなく、簡単にスポーツカーを利用できます。

輸入車のスポーツカーを取り扱っているカーリース会社もある

スポーツカーの選択肢は国産車だけではありません。ベンツやBMWなど、国外のスポーツカーを利用したい場合もあるでしょう。会社は限られてしまいますが、輸入車を取り扱っているカーリース会社もあり、月額数万円からベンツに乗ることも可能です。

スポーツカーをローン購入する負担が気になる方はカーリースがおすすめ

例えば、マツダ「ロードスター RS」(2WD・6MT)を購入する場合、定価で335万6,100円必要ですが、ローンを組むと借入金額に金利がかかり、総支払額はかなり大きくなります。また頭金を払う場合は通常、車両本体価格の20〜30%の金額が必要になるため、ロードスター RSの場合は約70万円~100万円という大きな頭金を準備しなければならない計算になります。加えて、税金や手数料などの初期費用の負担もあります。

一方、カーリースを利用すれば、初期費用不要で税金や自賠責保険料も月額料金に含まれており、さらに車検費用を定額にできるプランもあります。そのため、購入資金が高額になりがちなスポーツカーに乗りたい場合、カーリースは特におすすめです。


スポーツカーに乗るなら業界最安水準のカーリースがおすすめ!詳しくはこちら

カーリースで乗れる人気のスポーツカー4選

現在、マツダやトヨタなどが開発に力を入れ始めたこともあり、国内のスポーツカー市場は盛り上がりを見せています。中でも、特に人気の高いおすすめのスポーツカーを4車種ご紹介しましょう。

日産「スカイライン 400R」

日産「スカイライン 400R」

出典:日産「スカイラインセダン」価格・グレード 400R


〈スカイライン 400Rの基本情報〉

エンジン VR30DDTT(V型6気筒 2,997ccツインターボ)
最高出力 298kW(405PS)/6,400rpm
ボディタイプ セダン
定価(税込) 562万5,400円
乗車定員 5名

まずご紹介するのはセダンタイプのスポーツカー、日産「スカイライン 400R」です。スカイライン史上最強のエンジンを搭載しており、日産が満を持して販売に至った1台です。エクステリアも上品さを感じさせるフォルムで、その洗練された見た目からは、これほどの馬力が出るとは思えないでしょう。


業界最安水準のカーリースでスカイライン 400Rの月額料金がいくらかチェックする

トヨタ「スープラ RZ」

トヨタ「スープラ RZ」

出典:トヨタ「スープラ」価格・グレード


〈スープラ RZの基本情報〉

エンジン B58(直列6気筒 2,997ccターボ)
最高出力 285kW(387PS)/5,800rpm
ボディタイプ クーペ
定価(税込) 731万3,000円
乗車定員 2名

トヨタのスポーツカーといえば「スープラ」の名を挙げる方も多いのではないでしょうか。「スープラ RZ」は海外生産車ですが、2シーターFRを採用しています。2人乗り設計で「ピュア・スポーツカー」と呼ばれる高い走行性能を誇り、圧倒的なパワーを感じられる車です。


業界最安水準のカーリースでスープラ RZの月額料金がいくらかチェックする

マツダ「ロードスター RS」

マツダ「ロードスター RS」

出典:マツダ「ロードスター」グレード・価格


〈ロードスター RSの基本情報〉

エンジン P5-VP RS(直列4気筒 1,496cc)
最高出力 97kW(132PS)/7,000rpm
ボディタイプ オープンカー
定価(税込) 335万6,100円
乗車定員 2名

マツダ「ロードスター」は世界で最も販売台数が多いオープンカーです。2016年に販売台数100万台を突破した後も、どんどん記録を伸ばし続けています。ロードスターは馬力で走るのではなく、車体性能のバランスを活かした心地良い走りをするのが特徴です。この走行性能の高さを求めて購入する方も多いでしょう。


業界最安水準のカーリースでロードスター RSの月額料金がいくらかチェックする

ホンダ「シビックタイプR」

ホンダ「シビックタイプR」

〈シビックタイプRの基本情報〉

エンジン K20C(直列4気筒 1,995cc)
最高出力 235kW(320PS)/6,500rpm
ボディタイプ セダン
定価(税込) 475万2,000円
乗車定員 4名

2021年7月に生産が終了してしまったホンダ「シビックタイプR」ですが、2022年に新型シビックハッチバックが発売されることで再び注目を集めています。エクステリアはクーペのようなエレガントさよりも、さらに無骨な雰囲気を醸し出し、力強い印象を与えてくれるでしょう。


業界最安水準のカーリースでシビックタイプRの月額料金がいくらかチェックする


ほかにも、「レクサス RC F」や日産「フェアレディZ」、スバル「WRX S4 STI Sport R」、トヨタ「GRヤリス RZ」などのスポーツカーがあります。

スポーツカーはローン購入よりカーリースがお得?

スポーツカーはローン購入よりカーリースがお得?

スポーツカーをローン購入するよりも、カーリースのほうが初期費用や維持費の負担が小さくお得です。では、具体的にカーリースがどうお得なのか、ローン購入と比較した表を基に解説していきましょう。

例として、スポーツカーの中でも特に人気の高いマツダ「ロードスター RS」のシミュレーションを比較します。カーローンは一般的な返済期間として5年、金利を7%として、購入時にかかる諸費用と購入後の維持費も算出しています。

カーリースは、業界最安水準の月額料金が魅力の「おトクにマイカー 定額カルモくん」 を例に、契約期間を5年とした場合と11年とした場合の2つのパターンでシミュレーションしています。車検代も月額料金に含められるメンテナンスプランに加入した場合の料金を算出しています。さらに、11年契約については、契約満了時に車がもらえる「もらえるオプション」を加えたシミュレーションです。


〈マツダ「ロードスター RS」のシミュレーション比較〉*¹

カーローン*²
(5年)
カーリース
(5年契約)
カーリース

(11年契約)
初期費用 232,970円 0円 0円
月々の返済額
または月額料金
66,454円 60,510円 46,470円
自動車税(種別割) 122,000円 0円 0円
自動車重量税 24,600円 0円 0円
自賠責保険料 20,010円 0円 0円
車検基本料(相場) 35,000円 0円 0円

(2022年1月15日時点の情報)

*¹ 自動車税(種別割)は初年度を除く4年分、自動車重量税・自賠責保険料・車検基本料は購入後3年目の車検時にかかる費用です
*² カーローンはマツダ公式サイトでシミュレーションを行っており、金利はディーラーローンの相場4~10%を基に7%として算出しています

このようにカーローンとカーリースを比較すると、返済期間・契約期間が5年の場合の月々の支払額はカーリースのほうが約5,000円安いことがわかります。また、カーリースの契約期間を11年にした場合、月々の負担はカーローンより約20,000円も少なく済みます

さらに、カーローンの場合、購入時に初期費用として20万円以上を準備する必要があり、さらに毎年の自動車税(種別割)の支払いや、車検の度にまとまった費用がかかるなど、車に関する出費が一定ではありません。一方カーリースなら、毎月定額で家計の見通しが立てやすく安心して利用できます

スポーツカーは、ローン購入の場合でも負担が大きくなりやすいものです。総じて、月々の負担をできるだけ軽くしたい方、車検などのまとまった出費を避けたい方、税金の支払いにわずらわしさを感じる方には、カーリースのほうがお得に感じられるでしょう。

次項では、数あるカーリースの中でも特におすすめの定額カルモくんの魅力をご紹介します。

スポーツカーに乗るなら業界最安水準&サポート充実のカーリースがおすすめ

セールススタッフ

スポーツカーに乗るなら、初期費用が不要な上、業界最安水準の月額料金で利用できる定額カルモくんがおすすめです。国産メーカーの全車種・全グレードに対応しているので、乗りたいスポーツカーを選ぶことができ、購入すると負担の大きいスポーツカーもお得な定額料金で利用できます。では、定額カルモくんの魅力を詳しくご紹介しましょう。

業界最安水準の月額料金!しかも最後に車をもらえる

高額だからとスポーツカーに乗ることをあきらめていないでしょうか。定額カルモくんなら、業界最安水準の月額料金で憧れのスポーツカーに乗れますし、車検費用を月額料金に含められるメンテナンスプランに加入すれば、維持費の大半をカバーできて安心です。

また、通常カーリースでは走行距離制限がありますが、せっかくスポーツカーに乗っているのに距離を気にしながら走るのは窮屈でしょう。定額カルモくんなら7年以上の契約で走行距離を気にせず乗り放題になります。そして、7年以上の契約に月額500円の「もらえるオプション」をつけると、車を返却する必要がなくなります。大きな出費をすることなく、憧れのスポーツカーを自由にカスタマイズして自分だけの車にできるのです。


憧れのスポーツカーが月々いくらで手に入るかチェックしたい方はこちら

いつでもマイカーコンシェルジュに相談できるから安心

お得に乗れるといっても月々の負担やカーリースの利用に不安を感じる方もいるでしょう。そのような方には、定額カルモくんのマイカーコンシェルジュによる無料相談がおすすめです。

無料相談では契約前からスポーツカーの利用料金に関する心配事のほか、車に関することなら何でも相談できます。もちろん契約後にも心配なことがあればすぐに問い合わせできます。

定額カルモくんは、このサービスで顧客対応満足度98.9%*という高い評価を得ています。マイカーコンシェルジュには契約前から何度でもLINEや電話、メールで相談できます。どのスポーツカーを選んだらいいかなど、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。  


line

フリーダイヤル2

*2019年12月~2021年6月までの定額カルモくんご契約者様504名を対象としたアンケート

業界最安水準のカーリースでおすすめのスポーツカー3車種シミュレーション

前項で魅力をたっぷりご紹介した定額カルモくんですが、実際にスポーツカーを利用した場合、月額料金はいくらになるのでしょうか。おすすめの3車種についてシミュレーションを見てみましょう。

マツダ「ロードスターRF」

マツダ「ロードスターRF」

〈ロードスターRFの月額料金〉

契約期間 7年 9年 11年
月額料金 59,780円~ 50,100円~ 44,160円~

(2022年1月6日時点の情報)


世界で最も売れたオープンカーとしてギネスにも認定されているスポーツカーです。グレードも全9種から選ぶことができ、自分好みの1台を選べるでしょう。


定額カルモくんでは、グレードやオプションを細かく選んでシミュレーションできます

ロードスターRFの料金シミュレーションはこちら

日産「フェアレディZ」

日産「フェアレディZ」

〈フェアレディZの月額料金〉

契約期間 7年 9年 11年
月額料金 71,000円~ 60,000円~ 53,180円~

(2022年1月6日時点の情報)


販売開始から50年以上が経過する、伝統のあるスポーツカーです。流線型のフォルムが美しく、「V」のような形をしたヘッドライトも特徴的です。


定額カルモくんでは、グレードやオプションを細かく選んでシミュレーションできます

フェアレディZの料金シミュレーションはこちら

トヨタ「GR86」

トヨタ「GR86」

〈GR86の月額料金〉

契約期間 7年 9年 11年
月額料金 50,100円~ 42,510円~ 37,780円~

(2022年1月6日時点の情報)


漫画「頭文字D」でも有名になったトヨタの「86」。2代目であるGR86は、2.4Lターボエンジンを搭載し、走る楽しさをより追求しています。軽量設計を徹底し、高次元のハンドリングを実現しています。


定額カルモくんでは、グレードやオプションを細かく選んでシミュレーションできます

GR86の料金シミュレーションはこちら

カーリースをお得に利用してスポーツカーを乗りこなそう!

カーリースをお得に利用してスポーツカーを乗りこなそう!

スポーツカーをローン購入した場合、初期費用で大きな出費があるだけでなく、税金などの維持費も度々必要になります。カーリースを利用すれば、初期費用不要で維持費も定額の月額料金に含められ、数年先までの支出を見通せるため、家計管理がぐっと楽になるでしょう。大きな出費に不安を感じる方には特におすすめです。

※記事の内容は2022年1月時点の情報で制作しています。

よくある質問

Q1カーリースでもスポーツカーは利用できる?

A:スポーツカーはカーリースでも利用できます。ただ輸入車のスポーツカーを取り扱っているカーリース会社はかなりしぼられてしまうため、サービス内容などをきちんと吟味する必要があります。

Q2スポーツカーはローン購入とカーリースでどちらがお得?

A:購入時は車両代金以外にも費用がかかることを考えると、スポーツカーに乗るにはカーリースがおすすめです。ローンで車を購入すると初期費用がかかったり、税金や自賠責保険料などがかかったりして出費が安定しません。その点カーリースであれば初期費用不要、税金も月額料金に含まれます。

Q3スポーツカーに乗るのにおすすめのカーリースは?

A:スポーツカーを利用するなら、業界最安水準の「定額カルモくん」がおすすめです。定額カルモくんならスポーツカーの選択肢も多く、また「もらえるオプション」やサポート体制も充実しているので、金額面以外でも満足できるでしょう。