車のサブスクは短期でも利用できる!長期レンタカーとの違いや利用時の注意点を解説

更新日:2022.08.31
短期の車のサブスクについて

1ヶ月や2ヶ月などの短期間だけ車が必要になった場合、長期のレンタカーを検討する方も多いでしょう。とはいえ、月単位の利用となると、それなりの費用がかかります。
その点、定額制で乗れる「車のサブスク」を利用すれば決まった金額を支払うだけなので、コストを抑えて必要な期間だけ手軽に車を持てます。

ただ、車のサブスクは数年単位の長期で利用するのが一般的です。そのため、短期で利用する際はいくつか注意しておきたい点があります。また、長期レンタカーとは料金や利用制限など異なる点も多いことから、違いを理解した上で検討することが大切です。

そこで、車のサブスクの短期利用と長期レンタカーの違いや、車のサブスクを短期で利用する際の注意点などについてご紹介します。

月々10000円台から_業界最安水準のカーリース


【この記事のポイント】
✔車のサブスクは最短1ヶ月から利用できる
✔1ヶ月だけの短期利用なら、車のサブスクのほかにマンスリーレンタカーという選択肢もある
✔1年以上利用する可能性があるなら、一般的な車のサブスクの利用を検討しよう

1ヶ月などの短期で利用できる車のサブスクはある?

1ヶ月などの短期で利用できる車のサブスクはある?

定額制で利用できる車のサブスク(カーリース)は、1年単位など中長期的な契約が一般的ですが、中には1ヶ月という短期で利用できるサービスもあります。仕事の都合で短期間だけ車が必要になった場合でも、短期利用が可能な車のサブスクであれば手軽に車を用意できます。

ただし、車のサブスク会社によって、対応しているエリアや料金、利用可能期間などが異なります。ここでは短期で利用できる車のサブスク5社でサービス内容を比較してみましょう。


〈短期で利用できる車のサブスク〉

A社 B社 C社 D社 E社
対応エリア 関東全域(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県) 関東全域(東京都、神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県)、山県梨・静岡県

(一部)
長野、新潟、群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉、神奈川、山梨、静岡、愛知、岐阜、富山、石川 愛知県、岐阜県、三重県、大阪府、奈良県、滋賀県、京都府のほか、神戸、浜松エリア 全国
利用期間 1ヶ月~ 1ヶ月~ 1ヶ月~ 6ヶ月~ 1ヶ月~
初期費用 あり あり あり あり あり
保証金(預かり金、敷金) あり あり あり あり 要問合せ
月額料金 16,000円~ 26,000円~ 38,000円~ 10,926円~ 15,000円~
利用開始までの期間 最短3日 最短5日 要問合せ 要問合せ 約2週間

※2022年8月24日時点の情報です


このように、1ヶ月から利用できる車のサブスクが複数ある一方で、6ヶ月からなど最短の利用可能期間が決められているケースもあります。また、基本的に借りる期間が長いほど1日あたりの料金は安くなりますが、最長の利用期間が決められていることも多いです。あらかじめ車が必要な期間が決まっている場合は、対応する月数での契約が可能か、事前に確認しておきましょう。

車のサブスクを短期で利用するメリットとは

車のサブスクを短期で利用するメリットとは

短期契約の車のサブスクは契約期間を最短1ヶ月から自由に決められるので、ライフスタイルに合わせて利用できます。さらに、短い期間だけ利用できる以外にも、車のサブスクの短期利用にはさまざまなメリットがあります。では、どのようなメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。

レンタカーやカーシェアと比較した場合のメリット

レンタカーやカーシェアなど、ほかのサービスも視野に入れて車のサブスクの短期利用を検討することがあるでしょう。気軽に利用できるこれらのサービスと比べて、短期の車のサブスクには、おもに次のようなメリットがあります。

よりマイカーに近い利用ができる

レンタカーやカーシェアは事前に予約を取る必要があり、利用できる時間にも制限があります。一方、車のサブスクであれば契約期間中はいつでも好きなタイミングで車に乗れるので、マイカーに近い感覚で利用できるというメリットがあります。

毎月定額で車に乗れる

レンタカーやカーシェアでは、利用する度に料金を支払う必要があります。また、1回ごとの料金も利用時間に応じて決まるため、利用すればするほど大きな負担となります。一方、車のサブスクは月額料金が固定なので、利用回数も時間も気にすることなく車に乗れます

一般的な車のサブスクと比較した場合のメリット

一般的な車のサブスクは最低契約期間が1年以上など、長期契約が条件となっています。それに対し、短期で利用できる車のサブスクには次のようなメリットがあります。

中途解約のリスクが抑えられる

短期契約、長期契約のいずれの場合でも、車のサブスクでは契約期間内の解約は原則認められていません。どうしても契約期間中に解約しなければならない場合は違約金を支払うのが一般的です。長期で利用するほど中途解約のリスクが高まりますが、短期契約の場合は最短1ヶ月から利用できるので、長期契約と比べると中途解約のリスクが抑えられるでしょう。

いろいろな車に乗り換えやすい

短期の車のサブスクであれば、短期間で違う車に乗り換えるといったことも可能です。用途に合わせて車種を乗り換えたい場合や、いろいろな車に乗ってみたいという場合にも便利です。

長期の車のサブスクより早く納車される

長期の車のサブスクは新車が一般的なので、納車までにある程度の時間がかかってしまうことがあります。一方、短期の車のサブスクでは中古車を提供していることが多く、長期の車のサブスクよりも早く納車されるのがメリットです。中古車でもいいからすぐに車に乗りたいという方には使い勝手がいいでしょう。

短期の車のサブスクのデメリットと注意点

短期のサブスクのデメリットと注意点

短期の車のサブスクを利用する上ではデメリットと注意点についても理解しておく必要があります。では、実際どのようなところに注意すればいいのか具体的に見ていきましょう。

保証金が必要になるケースが多い

長期の車のサブスクでは、月額料金だけで乗り始めることができます。一方、短期契約の車のサブスクは保証金が必要になるケースが多いです。保証金の額は業者によって異なり、10,000~30,000円ほどが目安となります。
なお、保証金は車に傷をつけてしまったり、シートを汚してしまったりした場合の原状回復費用に充当されるケースが多く、原状回復費用がかからなかった場合は契約期間終了時に返金されるのが一般的です。

利用には車庫証明が必要

車のサブスクはレンタカーやカーシェアなどのサービスとは異なり、短期間であっても車庫証明が必要です。車庫証明書の取得手続き自体は車のサブスク業者が代行してくれることもありますが、自宅の敷地などに車を止めるスペースがない場合は、たとえ1ヶ月だけの利用でも駐車場を契約する必要があります。

即日納車はできない

車のサブスクでは、短期の利用でも車の点検・整備を行った上での提供となるのが一般的です。また、利用開始にあたり必要な手続きもあるため、納車までに数日かかることが一般的です。業者によって納車までに要する日数は異なりますが、早くても3~7日は見ておいたほうがいいでしょう。

利用には審査があることも

車のサブスクを利用するには審査を受けなければならない場合があります。審査方法や基準は車のサブスク会社によって異なりますが、おもに利用料を滞りなく支払える能力があるかをチェックされます。なお、短期の車のサブスク業者の中にはクレジットカード払いのみの対応だったり、クレジットカード払いか一括払いの2択だったりするところもあります。そのような車のサブスク会社では、審査なしで利用できる場合もあります。

走行距離の制限がある

走行距離が増えると車の市場価値が下がるだけでなく、オイルやブレーキなどの消耗品のメンテナンスが必要になるので、車のサブスクでは走行距離に上限を設けているのが一般的です。上限の距離は車のサブスク業者によって違いますが、1ヶ月あたり1,000~2,000kmを上限にしていることが多いでしょう。また、上限を超えた場合は追加料金を支払わなければなりません。

修理費用がかかる場合がある

短期の車のサブスクでは、事故などで車が壊れてしまった場合、修理費用は利用者が負担することが一般的です。軽微な故障などであれば、車を返却する際に保証金から原状回復費用として支払われることもありますが、廃車にせざるをえないといった場合には、残価精算が必要なこともあります。
なお、自動車保険のプランや特約によっては自己負担なしで修理できる場合があることから、任意保険の加入を必須としている短期の車のサブスクも多くあります。


つなぎの車をお探しの方へ


新車を購入予定で納車までのあいだだけ利用できる車をお探しの方は、「定額カルモくん」にご相談ください。希望条件にぴったりの車のご提案も可能です。


LINEで無料相談する


フリーダイヤル


メール


短期の車のサブスクとマンスリーレンタカー、1ヶ月の利用ならどちらがいい?

短期のサブスクとマンスリーレンタカー、1ヶ月の利用ならどちらがいい?

長期的な利用では割高になりやすいレンタカーですが、一部のレンタカー会社では、ひと月単位で借りられるマンスリーレンタカーもあります。
1ヶ月などの短期利用の場合、車のサブスクとマンスリーレンタカーではどちらが適しているのでしょうか。ここでは、それぞれの違いや特徴から、サービスを比較してみましょう。


短期のサブスク マンスリーレンタカー
利用期間 1ヶ月~ 1ヶ月
1ヶ月の料金 10,000円程度~ 25,000円程度~
その他の費用 自動車保険・保証金 自動車保険・保証金(※オプションによる)
利用できる車 中古車 中古車
ナンバー 一般的な車と同じ 「わ」「れ」ナンバー
利用制限 走行距離、カスタマイズ、喫煙、ペット(サブスク業者による) 走行距離、カスタマイズ、喫煙、ペット(レンタカー会社による)
必要な手続き 審査、車庫証明 予約

利用期間

短期の車のサブスクとマンスリーレンタカーは、いずれも最低1ヶ月から利用できます。
なお、短期の車のサブスクでは、契約満了時に申し込めば期間を延長することも可能です。マンスリーレンタカーも基本的には延長が可能ですが、すでに予約が入っている場合は延長できず、車を選び直して、新たに契約をする必要があります

1ヶ月の料金

1ヶ月の料金については、短期の車のサブスクのほうがマンスリーレンタカーよりも安めです。ただし、短期のサブスクで自動車保険に加入する場合は、プランや特約によって保険料が高額になるケースがあります。
マンスリーレンタカーの場合は、レンタカー業者や保険などのオプションによって料金が異なるので、表の参考価格より高くなるケースも少なくありません。

その他の費用

短期の車のサブスクでは、月額料金のほかに、契約時に10,000~30,000円ほどの保証金を支払わなければなりません
マンスリーレンタカーの場合はETCやチャイルドシート、カーナビなどを取り付ける場合、追加費用がかかる場合があります。また、通常のマンスリーレンタカーであれば利用料に自動車保険が含まれていますが、その車を貸し出せなくなった場合の営業補償「NOC補償(ノン・オペレーション・チャージ補償)」をつける場合は、別途費用がかかります。

利用できる車

短期の車のサブスクでもマンスリーレンタカーでも、基本的に利用できるのは中古車です。そのため、新しいモデルの車に乗りたいという方や最新の装備や機能がついた車を運転したいという方には向いていないでしょう。

ナンバー

マンスリーレンタカーでは、「わ」または「れ」ナンバーになります。一方、短期の車のサブスクは一般の車と同じナンバーとなるので、車のサブスクを利用していることは見た目からはわかりません。車を借りていると知られたくない場合はマンスリーレンタカーよりも車のサブスクのほうがいいでしょう。

利用制限

車のサブスクでもマンスリーレンタカーでも、走行距離などの利用制限が設けられていることが一般的です。制限の内容については車のサブスク業者やレンタカー業者によって異なるものの、走行距離は月間1,000~2,000km以内と規定されていることが多いでしょう。さらに、室内での喫煙やペットの乗車を禁止しているケースも少なくありません。

必要な手続き

短期の車のサブスクでは、契約期間にかかわらず車庫証明を取得する必要があります。車のサブスク業者によっては車庫証明の取得をサポートしてくれるので、利用が初めての方でも安心できるでしょう。
対して、マンスリーレンタカーは車庫証明は必要ありませんが、事前に予約を取らなければなりません。希望の車の予約が取れない場合は車を選び直したり、ほかの業者を探したりする手間がかかるでしょう。

短期の車のサブスクとマンスリーレンタカー、どう選ぶ?

短期のサブスクとマンスリーレンタカー、どう選ぶ?

短期の車のサブスクとマンスリーレンタカーはいずれも最低契約期間が短いという点は同じですが、特徴は大きく異なります。ここでは、利用期間やコストなど、優先したい内容から、どちらが向いているかを見ていきましょう。

1ヶ月だけ利用する場合

1ヶ月だけ利用する場合は、車庫証明の取得など面倒な手続きが必要ないマンスリーレンタカーのほうが気軽に利用できます。ただ、希望日に利用できない可能性もあるので、できるだけ早めに予約をしておきましょう。

1ヶ月以上利用する可能性がある場合

1ヶ月を超えて利用する可能性がある場合は、短期の車のサブスクを利用したほうがいいでしょう。車のサブスクでは、審査や車庫証明の取得といった手続きが必要ですが、コストはマンスリーレンタカーより抑えられます。さらに、所定の手続きを行えば利用期間を延長できるので、自由度も高くなります。

とにかく安く済ませたい場合

できるだけ利用料を安く済ませたい場合は車のサブスクがおすすめです。車のサブスクの場合、レンタカーでは追加料金が発生するETCやカーナビなどのオプション品がサブスク利用料に含まれていることが多いので、お得に車に乗れます。また、マンスリーレンタカーよりも基本料金が安いので、1ヶ月などの短期間であっても安く車に乗れるでしょう。

短期利用を繰り返す場合

マンスリーレンタカーも短期の車のサブスクも最低1ヶ月から利用できますが、短期利用を繰り返していると手間がかかるのはもちろん、利用料が割高になってしまいます。短期利用を何度も繰り返すなら、あらかじめ半年契約するなど、契約期間を長めにしておいたほうがお得に利用できます。

なお、1年以上利用する可能性がある場合は、短期のサブスクではなく、長期利用の一般的な車のサブスク(カーリース)のほうがお得に利用できます。
一般的な車のサブスクは利用期間が長いほど月額料金を抑えられる上、短期の車のサブスクで必要な保証金もかからないので、初期費用を抑えられます。また、一般的な車のサブスクであれば新車が用意されるので、車種の選択肢が増えるのはもちろん、グレードや色、オプションなども自由に決められるようになります。


「定額カルモくん」なら、1年単位で契約が可能。

業界最安水準の料金で、新車を月額11,220円から利用できます。


定額カルモくんを詳しくみる

最短4日で納車される車もあります!詳しくはこちら

こんな場合は一般的な車のサブスクがおすすめ

利用しているサブスクをすべてお答えください

*2022年2月18日~2022年2月28日に全国の男女2,182人に行ったアンケート

車のサブスクはコストを抑えてマイカーのように車に乗れることから、、短期の場合はもちろん、長期でも多くの方が利用しています。

定額カルモくんが行ったアンケート*結果を見てみると、定額制のサブスクサービスを利用している方のうち32.11%が車のサブスクを利用しており、家具や家電に次いで2番目に多いことがわかります。車は年々、販売価格が上がっている上に、購入する場合は頭金などの初期費用でまとまったお金が必要なので、初期費用を抑えて定額で乗れる車のサブスクを利用する方が増えているのでしょう。

では、どのような場合に一般的な車のサブスク(カーリース)を検討したらいいのか、おすすめのケースを解説します。

中古車ではなく新車に乗りたい

短期の車のサブスクで利用できるのはおもに中古車となります。さらに、車のサブスク業者の在庫からしか選べないので、希望の車に乗れない可能性もあります。また、年式が古い車は最新の安全性能がついていないなど、装備に満足できないこともあるでしょう。
一方、長期の車のサブスクで用意されるのは最新モデルの新車で、車種やレード、カラーなども自由に決められるので、マイカー購入のように車選びを楽しめます。

初期費用をかけずに車を持ちたい

短期の車のサブスクは契約時に保証料などを支払う必要があるところも多く、乗り始めの負担が大きくなりがちです。その点、長期の車のサブスクは初期費用が不要なケースが多いので、月額料金だけで乗り始めることができます

車が必要な期間が長くなる可能性がある

最短1ヶ月から利用できるのが短期の車のサブスクの魅力ではありますが、途中で車が必要な期間が延びた場合は延長手続きが必要になり、手間や費用がかかります。車が必要な期間が延びる可能性があったり、1年以上利用する予定だったりする場合は、一般的な車のサブスクを選んだほうがコストを抑えられるでしょう。


業界最安水準のカーリースについて詳しく見る

1年から新車に乗れるおすすめの車のサブスクとは?

1年から新車に乗れるおすすめのサブスクとは?

多くの車のサブスクは最低契約期間が3年や5年で、短期利用を検討している方にとっては長すぎる場合が多いでしょう。その点、「おトクにマイカー 定額カルモくん」なら最短1年から契約期間を選べるので、短期利用を検討している方にとっても使いやすいサービスです。

面倒な手続き不要でインターネットで簡単に申し込める

定額カルモくんは24時間いつでもインターネットから申し込むことが可能です。契約書類のやりとりも郵送で行えてわざわざ店舗に出向く必要がなく、自宅にいながら手続きが簡単に完了できます。申込みから契約書類の送付までは約1週間なので、手続きを早く済ませたい方にも向いているでしょう。また、納車の際は指定の場所までディーラー担当者が車を届けてくれるため、取りに行く手間もありません。

通常翌営業日に利用の可否がわかる

短期の車のサブスクや一般的な車のサブスクの申込み時に必要な審査の結果は、すぐに車を使いたい方ほど早く知りたいものでしょう。
定額カルモくんには、車種やプランが決まっていなくても申し込める「お試し審査」があり、とりあえず審査に通るかを確認することができます。結果は通常翌営業日にわかる上、結果を基に後からじっくりと車種やプランを決めることができます

お試し審査の申込みは5分程度の入力で完了し、提出書類もありません。さらに、審査通過後のキャンセルもできるため、気軽に試していただけます。


とりあえず審査に通るか試してみる

※審査に通っても契約にはなりません


サービスガイド(パンフレット)もございます。大手リース他社とのサービスや費用比較、素朴な疑問への回答なども掲載しています。

サービスガイド

ご覧になりたい方は下のボタンからどうぞ。

定額カルモくんの資料請求はこちら


車のサブスクは必要な期間に合わせてうまく活用しよう

最短1ヶ月から利用できる短期の車のサブスクは、仕事や引越しなどで急に車が必要になった場合でも気軽に利用できます。

ただ、数ヶ月利用する可能性があるなら、一般的な車のサブスクを検討したほうがコストを抑えられる可能性があります。1年単位で利用でき、契約満了時に延長もできる定額カルモくんであれば、車が必要な期間がはっきりしてない場合でも利用しやすいでしょう。短期の車のサブスクよりも月々の負担を抑えながら新車に乗れるので、短期間でも車種や機能にこだわりたい方にもおすすめです。


定額カルモくんは、サービス開始から4年で申込者数10万人を突破した 車のサブスク(カーリース)です。
業界最安水準の料金で、柔軟にプランを組んで新車に乗れることから、1年程度の利用はもちろん、長期利用や、新車の買替えを検討していた方の申込みも増えています。


定額カルモくんが選ばれる理由


※この記事は2022年8月時点の情報で制作しています

よくある質問

Q11ヶ月などの短期利用ができる車のサブスクはある?

A:最短1ヶ月から利用できる車のサブスクサービスがあります。ただし、車のサブスク業者によっては最低契約期間を半年以上や1年以上と定めている場合もあるので、契約期間については、あらかじめ確認しておきましょう。

Q2短期の車のサブスクとマンスリーレンタカーではどちらがお得?

短期の車のサブスクのほうが月額料金を安く抑えられます。ただし、保証金が必要だったり、自動車保険の加入が必要だったりする場合があります。一方、マンスリーレンタカーは利用までの手間は少ないですが、料金がサブスクよりも割高になりやすいです。

Q3短期で車のサブスクを利用するときの注意点とは?

A:車のサブスクでは、短期でも審査があるケースが大半です。また、車庫証明や保証金などの用意も必要になります。短期利用を繰り返すと結果的に割高になってしまうこともあるため、数ヶ月から1年以上利用する可能性があるときは、一般的な車のサブスクを選んだほうがコストを抑えやすいでしょう。

この記事の執筆者


若林 由晃
マイカーコンシェルジュ・整備士

若林 由晃

代々継がれる創業70年の車販・整備工場を営む家に生まれ、エンジンオイルとガソリンの香りにまみれながら育つ。小学校から車販の接客、中学校には整備の手伝いを行う根っからのカーガイ。自動車整備専門学校では上位の成績で卒業。整備士国家資格は満点合格(専門学校の先生が採点)。 その後、大手自動車メーカー系列のディーラーで整備士として整備職と中古車販売を経験。また、IT×車という販売方法に興味を持ち、個人向けカーリースのセールスに転身。中古カーリース事業、全国の加盟店販売事業の立ち上げを行う。

人気の車のサブスクをみる

人気の車のサブスクをみる