カーリースできるワンボックスの人気車種を紹介!特徴や料金を詳しく解説

更新日:2022.06.28
ワンボックスのカーリースについて

ワンボックスとは、エンジンルームや居住スペース、荷室がひとつの空間にまとまっている車のこと。その積載量の高さから社用車としても人気ですが、高額な車種が多く、購入にはまとまった費用が必要となります。しかし、カーリースならまとまった費用を用意しなくても、ワンボックスの新車に月額料金だけで乗ることができます

そこで、カーリースできるワンボックスの特徴や料金について詳しく紹介します。


マイカーが貯金ゼロでも持てる


【この記事のポイント】
✔カーリースには月額10,000円台から乗れるワンボックスもある
✔最近では1.5BOXのミニバンもワンボックスと呼ばれている
✔ワンボックスを長期リースするならサポートが充実しているサービスがおすすめ


安くワンボックスをカーリースしたい方はこちら

カーリースできるワンボックスの人気車種を紹介!

カーリースできるワンボックスの人気車種を紹介!

カーリースには、さまざまな車種やグレードの中から好きな自動車を選べることや、定額の月額料金で新車に乗れるといった特徴がありますが、実際にどれくらいで利用できるのでしょうか。そこで、ワンボックスの人気車種をご紹介します。

スズキ「エブリイワゴン」   

エブリイワゴン_車種画像

スズキ「エブリイワゴン」は、軽キャブワゴンNo.1の荷室サイズを誇っており、軽自動車とは思えないほどの積載量と車内空間を備えているのが魅力です。そのため、リアシートに人が乗っていても、ゆとりをもって荷物を積むことができます。

また、左右で独立しているリアシートは、前後に180mmスライドできるほか、フルフラットにも対応しています。荷物をたくさん載せるだけでなく、アウトドアで車中泊をしたい方にもおすすめの車種です。


エブリイワゴン_金額バナー

三菱「タウンボックス」   

タウンボックス_車種画像

三菱「タウンボックス」は、エブリイワゴンからOEM供給を受けた軽キャブワゴンであり、エブリイワゴンと同等の車内空間と積載量が特徴となっています。

また、グレードは「G」と「Gスペシャル」の2種類で、違いは運転席側のワンタッチ電動スライドドアと助手席側の電動オートステップの有無にあります。いずれのグレードでも2WDと4WDから選択できます。


タウンボックス_金額バナー

トヨタ「ハイエースワゴン」

ハイエース_車種画像

トヨタ「ハイエースワゴン」は、世界中から高い評価を得ているロングセラーモデルです。10人も乗れる圧倒的な車内空間を備えているだけでなく、優れた耐久性による寿命の長さ、幅広いニーズに応えらえる実用性に長けた1台となっています。

また、走行性能も優れていて、大人数が乗車しているときでもパワフルに運転できます。なお、グレードは「DX」「GL」「グランドキャビン」があり、ベースグレードのDXは商用車として必要最低限の装備しかないため、一般利用するなら「GL」以上がおすすめです。


ハイエース_金額バナー

日産「NV350キャラバンワゴン」   

キャラバンワゴン_車種画像

日産「NV350キャラバンワゴン」も、小型貨物車に分類される4ナンバーバンクラスの荷室サイズを誇るワンボックスカーです。ハイエースワゴンと同じく10人乗りが可能ですが、全幅が1695mmと5ナンバーサイズですので、狭い道路でも走行しやすいことが特徴となっています。

また、全長は4695mmのロングボディと、5080mmのスーパーロングボディの2種類があります。ハイエースワゴンの唯一のライバル車ともいえるワンボックスです。


キャラバンワゴン_金額バナー

ワンボックスと呼ばれることも多いミニバン16車種を紹介!

本来、ミニバンはボンネットに出っ張りがあるため、厳密にはワンボックスとツーボックスの中間である1.5BOXに分類されることが多いです。しかし、最近は車の形状から「ワンボックス」と一括りにして呼ばれることが増えています

ここでは、そんなワンボックスと呼ばれることもあるミニバン16車種の特徴と月額料金の目安をご紹介します。

トヨタ「ヴォクシー」   

ヴォクシー_車種画像

トヨタ「ヴォクシー」は、そのデザイン性の高さとハイブリッド性能で大ヒットしているミニバンです。特にデザインに関しては、シャープなエアロデザインが魅力となっています。

また、ガソリン車だけでなく、ハイブリッド車もラインアップしているほか、2WD・4WD、7人乗り・8人乗りから選べるなど幅広い選択肢があるため、多様なニーズに応えられるミニバンの優等生ともいえる1台です。


ヴォクシー_金額バナー

トヨタ「ノア」   

ノア_車種画像

トヨタ「ノア」は、兄弟車であるヴォクシーと同じく、高い人気を誇る王道ミニバンです。洗練されたモダンで精悍(せいかん)なデザインをはじめ、低床フラットフロアによるクラストップレベルの車内空間、燃費性能が優れたハイブリッドシステムなどが人気の理由です。

また、ノアには7人乗り・8人乗りの2タイプがあり、ニーズに合わせて種類を選択できます。グレードには5ナンバーの「X」と「G」、3ナンバーの「Si」の3つがあります。


ノア_金額バナー

トヨタ「アルファード」

アルファード_車種画像

トヨタ「アルファード」は、新時代の高級車へと進化を遂げたミニバンです。2015年に現行モデルへとフルモデルチェンジし、より存在感と高級感が増したデザインになりました。また、車内空間は快適さと実用性を兼ね備えているのが特徴です。グレードは全17種類あり、ガソリン車が9種類、ハイブリッド車が8種類となっています。グレードは多いですが、乗車人数やエンジン、エクステリアデザインの3つのポイントを参考にすると選びやすいでしょう。


アルファード_金額バナー

トヨタ「エスクァイア」   

10066

トヨタ「エスクァイア」は、アルファードと比較されることが多い高級ミニバンです。外観は高級車らしい精悍(せいかん)なデザイン、内装は上品で落ち着きのある雰囲気になっています。また、床面地上高は360mmと低いため、車内空間は広く、乗り降りしやすいという利便性も兼ね備えています。ガソリン車・ハイブリッド車、2WD・4WDなどラインアップも豊富で、ニーズに合わせて使用できます。


気になる車種の見積もりはこちら

日産「セレナ」

セレナ_車種画像

日産「セレナ」は、ミニバンクラスNo.1の広さ*を誇っている人気モデルです。以前から快適な車内空間と使い勝手の良さから高く評価されていましたが、2018年2月にハイブリッドモデルが追加されたことでさらに人気を博しています。

セレナのグレードには多くの種類があり、大きく分けて「標準車」、エアロパーツを装着した「ハイウェイスター」、スポーティーブランドの「AUTECH」があり、さらに2WD・4WDなどで細かくグレードが分かれています。

  

セレナ_金額バナー

*全高1.8m以上の1.2~2.0Lクラス 7・8人乗りミニバン(2021年11月現在 日産調べ)

トヨタ「グランエース」   


トヨタ「グランエース」は、2019年12月に販売開始された高級ミニバンです。同じ高級ミニバンのアルファードよりも一回り大きく、圧倒的な室内空間の広さが特徴となっています。グレードには4列シート8人乗りの「G」と3列シート6人乗りの「Premium」の2種類があります。社用車やVIP用の送迎車としてもおすすめの1台です。


気になる車種の見積もりはこちら

トヨタ「シエンタ」

シエンタ_車種画像

トヨタ「シエンタ」は、コンパクトミニバンの中でも代表的な車種のひとつです。コンパクトカーよりも大きく、ミニバンよりも小さいサイズが特徴的で、特にアウトドアを楽しみたい方たちから高い支持を集めています。

また、トレッキングシューズをモチーフにしたデザインが印象的であり、かわいさもかっこよさもあるモデルです。2列シートの5人乗りと3列シート7人乗りがあり、グレードの展開も多いので、まずは定員人数を参考に選ぶといいでしょう。

 

シエンタ_金額バナー

ホンダ「フリード」   

フリード_車種画像

ホンダ「フリード」は、シエンタと肩を並べる代表的なコンパクトミニバンであり、シリーズ累計100万台の販売台数を誇る人気車種です。ミニバンという区分でありながら5ナンバーサイズであり、運転のしやすさとフットワークの軽さから人気を集めています。

また、グレードには6~7人乗り仕様の「フリード」と、5人乗り仕様の「フリード+」があり、それぞれにガソリン車とハイブリッド車をラインアップしています。


フリード_金額バナー

トヨタ「カローラツーリング」   

カローラツーリング_車種画像

トヨタ「カローラツーリング」は、根強い人気を維持しているステーションワゴンです。カローラシリーズとしては通算12代目にあたる車種であり、カローラらしいデザインとステーションワゴンらしいスタイリッシュさを兼ね備えたモデルとなっています。

また、燃費性能が優れているハイブリッド車と価格面で優れているガソリン車をラインアップしています。グレードはエントリーグレードのG-X、中間グレードのS、最上級グレードのWxB(ダブル・バイ・ビー)に分かれています。

  

カローラツーリング_金額バナー

ホンダ「ステップワゴン」   

ステップワゴン_車種画像

ホンダ「ステップワゴン」は、画期的なアイデアでユーザーの心をつかんできたミドルサイズのミニバンです。例えば、5代目にあたる現行モデルの特徴のひとつに、サードシートにアクセスしやすい「わくわくゲート」があります。テールゲートが横にも縦にも開く仕様になっていて、車の後ろにスペースがないときでも簡単に開閉できます。

グレードはG、のG・EXのほかに、高級感のある上位モデルのSPADA、走行性能が期待できるModulo Xがあります。


ステップワゴン_金額バナー

ホンダ「オデッセイ」   

オデッセイ_車種画像

ホンダ「オデッセイ」は、ホンダの代表的な高級ミニバンのひとつです。超低床プラットフォームを採用しており、ゆとりのある室内空間と、低重心化による快適な走りを実現したモデルとなっています。また、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を装備したハイブリッド車も選択できます。グレードはABSOLUTE、ABSOLUTE・EXなどがあり、それぞれ7人乗りと8人乗りが用意されています。

   

オデッセイ_金額バナー

日産「エルグランド」   

エルグランド_車種画像

日産「エルグランド」は、国産Lサイズミニバンブームの火付け役にもなった1台です。現行モデルは2010年8月にデビューし、2014年に大幅なマイナーチェンジを行ったロングセラーモデルとなっています。低重心プラットフォームを採用しているため、背の高いミニバンでありながら安定した走りが可能です。グレードは大きく分けて、2.5L車の「250ハイウェイスター」と3.5L車の「350ハイウェイスター」の2種類があります。

  

エルグランド_金額バナー

トヨタ「ヴェルファイア」   

ヴェルファイア_車種画像

トヨタ「ヴェルファイア」は、アルファードの兄弟車としてデビューした高級ミニバンです。現行モデルである2代目は、予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備しています。また、2018年のマイナーチェンジを経て、いっそう高級感と存在感のあるデザインになりました。かつては複数のグレード展開がありましたが、現在はエントリーモデルのGOLDEN EYESⅡの1種類となっています。


ヴェルファイア_金額バナー

三菱「デリカD:5」   


三菱「デリカD:5」は、2007年にデビューし、今でも根強い人気を誇っているロングセラーモデルです。SUVに近いデザインと高い走行性能が特徴的で、悪路にも耐えられる強い走りが魅力となっています。また、フロントのガラスエリアが広いため、良好な視界を確保できるのも特徴といえます。グレードは標準車の「デリカD:5」とエアロパーツを装着した「デリカD:5アーバンギア」に分かれていて、エントリーモデルのMや、最上級グレードのPなどがあります。


気になる車種の見積もりはこちら

トヨタ「ルーミー」   

ルーミー_車種画像

トヨタ「ルーミー」は、2016年11月にデビューしたハイトワゴンです。全長3,700mm・全幅1,670mmというコンパクトさが特徴的でありながら、大人5人が余裕を持って乗れる車内空間が魅力となっています。また、OEM元であるダイハツが採用している先進安全装備「スマートアシスト」を装備しています。グレードは「標準モデル」と「カスタム」に分かれているほか、2WD・4WD、ターボの有無などを細かく選ぶことが可能です。


ルーミー_金額バナー

日産「NV200バネットワゴン」   

NV200バネットワゴン_車種画像

日産「NV200バネットワゴン」は、5ナンバーサイズの商用ワゴンです。現行モデルは2009年にデビューした5代目であり、積載性の高さ、運転のしやすさ、優れた走行性能を備えたモデルとなっています。ワゴンタイプには2列シート5人乗りの「16X-2R」と、3列シート7人乗りの「16X-3R」の2タイプが用意されています。なお、グレードによる違いはシート列数と乗車定員だけですので、実質的には「モノグレード」といえます。


NV200バネットワゴン_金額バナー

契約満了までワンボックスのメーカー保証が延長できるカーリースとは?  

セールススタッフ

ワンボックスやミニバンは車両本体価格が高い車種が多いことから、長く乗ることを前提としている方も多いでしょう。しかし、長期的に安全な状態で車を維持するためには保証やこまめなメンテナンスが欠かせません

定額カルモくんのカーリースでは、メーカー保証が契約満了まで受けられるプランや、車検がコミコミになるプランなどのサービスが充実しています。そこで、特にワンボックスやミニバンをリースする方におすすめのプランを3つご紹介します。

メーカー保証が契約終了まで延長できる   

メンテナンスプラン

新車を購入すると、メーカー保証と呼ばれる部品の無料交換や無料修理が付帯しています。しかし、このメーカー保証には、新車購入から5年以内や、10万km走行時点までのように、保証範囲が設けられています。

定額カルモくんでは、このようなメーカー保証に加えて、独自の保証を用意しています。中でも、車検料がコミコミになるメンテナンスプランの「プラチナメンテプラン」に加入すれば、メーカー保証と同等の保証が契約満了まで受けられます。このように、万が一の故障や修理に備えられるため、長期的にリース車を利用したい方におすすめです。

7年以上の契約で走行距離が無制限になる

リース会社の多くは、月間の走行距離制限を設けています。しかし、ワンボックスを利用する方の場合は、長距離を乗りたい方が多いのではないでしょうか。その点、定額カルモくんは月間の走行距離制限を1,500kmと長めに設けているほか、契約期間が7年以上の場合は無償で走行距離を無制限にできます

もらえるオプションで満了後もそのまま乗れる

カーリースでは、契約満了時に車をリース会社に返却するのが基本です。これは定額カルモくんでも同じですが、「もらえるオプション」に加入すれば、契約満了時にこれまで利用してきたワンボックスをもらえます。もらえるオプションの加入条件は7年以上の契約であることで、月額料金は月々500円となっています。なお、契約途中に加入することはできないため、契約満了後も乗り続けたいなら契約時にオプション加入しておきましょう。


ワンボックスのカーリースに申し込んでみる


気になる車種の見積もりはこちら

カーリースなら初期費用なしで高額なワンボックスに乗れる

車内空間の広さと積載量が魅力的なワンボックスですが、車両本体価格が高額なことが多いことから、カーリースでもリース料金が高いこともあるでしょう。しかし、定額カルモくんなら初期費用やボーナス払いなしで月額20,000円程度から乗ることができます。保証やサポートも充実しているので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1カーリースで人気のワンボックスはどれ?

A:1.5BOXに分類されるミニバンも含めると、トヨタ「アルファード」やトヨタ「ヴォクシー」、日産「セレナ」、ホンダ「フリード」などが人気です。また、軽キャブワゴンであれば、スズキ「エブリイワゴン」や三菱「タウンボックス」などが人気を集めています。

Q2ワンボックスのリース契約においておすすめのオプションは?

A:ワンボックスは長期利用を前提とすることが多いため、車検や部品交換などを定額化できるプランや、契約満了後に車をもらえるプランのあるカーリースがおすすめです。また、長距離運転をする場合は、走行距離が無制限になるカーリースを選ぶのもポイントです。

この記事の執筆者


伊藤 真二
監修者、編集者、ライター

伊藤 真二

ファイナンシャルプランナー。介護福祉士資格を所有していることから、老後の暮らしや節約・資産運用など、安心できる未来、無駄のない今を生きるためのご提案を多く行う。 また、ニュースメディア、採用メディア、自動車メディアなどのライター・編集者の経験から記事執筆・監修も広く行っている。
お試し審査