カーリースと購入どちらがお得か徹底比較!カーリースの料金のしくみも解説

公開日:2021-06-18更新日:2021-08-12

カーリースと購入の比較について

月々の定額料金だけで好きな車に乗れるカーリースは、新しい車の乗り方として注目を集めています。新車を購入する場合と比べて、費用感はどのように変わってくるのでしょうか。カーリースの料金のしくみと併せて知っておきたいところです。

そこで、ここではカーリースを利用する場合と、新車を購入する場合の費用の違いについて詳しく解説します。定額カルモくんの人気車種を例に、実際にかかる金額シミュレーションも見ていきましょう。

カーリースと購入の費用の違い

カーリースと購入の費用の違い

カーリースを利用する場合と車を購入する場合とでは、初期費用と購入後の費用のかかり方が大きく異なります。

例えば、カーリースの定額カルモくんは契約初月から契約終了月まで毎月定額料金を支払うだけで済み、ローンで車を購入する場合のように頭金やボーナス払いが不要です。

さらに、メンテナンスプランに加入すれば車検整備代や消耗品交換にかかる費用もリース料金に組み込めるため、契約期間中の車関連の出費をさらにわかりやすく、フラットにできます。

カーリースは初期費用をかけずに新車に乗れる

新車を購入するとなると、車両本体の価格だけでなく、法定費用や各種手数料などを含めた諸費用がかかります。一般的には新車購入にかかる諸費用は車両価格の20~30%とされているため、思った以上に初期費用が高額になってしまった、というケースも珍しくありません。こうした諸費用をなかなか用意できず、新車の購入に踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。

その点、カーリースはまとまった初期費用なしで、月々のリース料金だけで車に乗ることができます。リース料金には、税金や保険料などの諸費用が含まれているためです。

カーリースの月額料金には契約期間満了までの各種税金や自賠責保険料が含まれる

車を購入した後、維持するためには自動車税(種別割)や自動車重量税、自賠責保険料も支払う必要があります。また、購入から3年目に初回車検を、その後も2年ごとに車検を受けなくてはなりません。

カーリースの場合は、先ほども解説したように税金や自賠責保険料などは月々のリース料金に含まれるため、必要な維持費は燃料代や駐車場代、車検費用やメンテナンス費のみとなります。
さらに定額カルモくんなら、メンテナンスプランに加入すれば車検費用やメンテナンス費も月額料金に組み込むことができるため、車関連の支出はリース料金と燃料代と駐車場代、とわかりやすくまとめることも可能です。

メンテナンスプランなら車検費用やメンテナンス費も月額料金にまとめられる

カーリースのメンテナンスプランは、リース会社によってカバー範囲やプランの種類が異なります。
「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、メンテナンスの充実度に合わせた3種類のプランを用意しています。
カバー範囲が最も充実したプラチナプランであれば、車検費用はもちろんのこと、エンジンオイルなどの消耗品の交換費用などが含まれている上、契約満了時の原状回復費用も補償されます。さらに万一、故障したときの保証も充実。メーカーの保証期間が終了した後も、メーカー保証と同程度の保証が提供されるため、長期契約でも安心して車に乗り続けられます。

メンテナンス関連の費用も月定額にすることで、定期的なメンテナンスや車検の度に大きな出費となる心配もなくなります。車関係の支出のほとんどを月額料金にまとめられるため、家計管理も楽になるでしょう。

新車購入とカーリースでかかる費用はそれぞれどれくらい?

新車購入とカーリースでかかる費用はそれぞれどれくらい?

ここからは、新車購入とカーリースの利用でかかる費用の違いについて、さらに詳しく比較していきましょう。
また、定額カルモくんの人気車種を例に、実際にどれくらいの費用の差があるのかもシミュレーションしていきます。

初期費用

まずは、新車購入時とカーリース利用時にかかる初期費用を比較してみましょう。

〈購入の場合〉
購入する場合は、車両価格とは別に次のような費用がかかります。

・車両価格
・各種税金
・自賠責保険料
・リサイクル料金
・登録代行費用
・車庫証明代行手数料
・預かり法定費用
・納車費用
・ナンバープレート取得費用
・その他

〈カーリースの場合〉
定額カルモくんの月々のリース料金には、以下のような項目がすべて含まれています。

・車両価格(残存価格を引いて契約月数で割った金額)
・環境性能割
・自動車重量税
・自動車税(種別割)もしくは軽自動車税(種別割)
・リサイクル料金
・自賠責保険料
・登録代行費用(検査登録料の法定費用を含む)
・ナンバープレート取得費用
・納車費用

上記を見てもわかるように、カーリースの月額料金には、新車購入のときに必要な諸費用のほとんどが含まれているといえます。
また、カーリースの車両価格は購入する場合よりも安くなっている点も、リーズナブルな金額になるポイント。カーリースでは、契約満了時に想定される車の「残存価格(残価)」をあらかじめ車両価格から差し引いた上で月額料金を算出するため、購入する場合の車両価格よりも安く利用できるようになっています。

維持費

続いて、新車購入後とカーリースの契約期間中にかかる維持費を比較してみましょう。

〈購入の場合〉
購入した車に乗り続けるためには、以下のような維持費がかかります。

それぞれの項目は大きな金額ではないとしても、何年も車を使うとなると、必ず負担しなければならない費用ですからトータルではそれなりの金額になります。

・各種税金
・自賠責保険料
・車検費用
・燃料代
・メンテナンス費
・駐車場代

〈カーリースの場合〉
カーリースの場合は、月額料金に各種税金や自賠責保険料が含まれているため、維持費としては燃料代や駐車場代、車検費用やメンテナンス費だけで済みます。

また、メンテナンスプランに加入すれば、車検費用やメンテナンス費も月額料金に組み込むことが可能です。

購入とカーリースの金額を比較シミュレーション

新車を現金一括購入した場合と、「おトクにマイカー 定額カルモくん」で9年契約にした場合とで、実際いくらくらいの費用がかかるのか、シミュレーションをしてみましょう。
今回はわかりやすく、メンテナンスプランなし、各種オプションなしの条件で比較していきます。

・カーリースで同じ車を9年乗っても大丈夫?
そもそも、同じ車に9年間乗り続けるのは長いのかどうか、気になる方もいるのではないでしょうか。
自動車検査登録情報協会は、2020年3月末時点において、ナンバープレートを付けている自動車が初年度登録をしてからの経過年である平均車齢が、乗用車は8.72年、貨物車は11.44年と発表しました。
したがって、車を乗り換えるまでの平均使用年数は約9年となります。新車に乗れるカーリースでも9年間、問題なく乗り続けることができるでしょう。

・トヨタ「アクア」

トヨタ「アクア」

ここではベースとなる「L」グレードに、オプションの特別カラーやカーアクセサリーを付けない状態での価格をご紹介します。

                                                                               
現金一括購入定額カルモくんで
9年契約
総額181万8,300円+税金、保険料、諸費用299万3,760円(税込)
月額0円27,170円(税込)
都度税金、保険料、車検費用、燃料代、駐車場代車検費用、燃料代、駐車場代

車を購入する場合、車両価格に加えて税金や保険料、車検費用、ナンバープレート取得費用、車庫証明取得費用などの諸費用として、車両価格の20~30%程度が必要といわれています。そのため、アクアの場合は36~54万円程度の諸費用がかかり、総額としては217~236万円ほどになると考えられるでしょう。
また、法定費用以外のすべての費用に消費税がかかるため、初期費用の支払額はさらに大きくなってしまいます。

一方、カーリースの定額カルモくんの場合、毎月のリース料金には車両価格をはじめ、各種税金や保険料を含む法定費用や納車前の点検費用などの諸費用や消費税も含まれています。また、頭金やボーナス払いも不要ですから、初期費用も大きく抑えられます。
料金が月額払いで済み、新車購入時のディーラーとのやり取りや書類手続きも代行してもらえる手軽さを考えると、かなりお得なのではないでしょうか。

・ホンダ「N-BOX」

ホンダ「N-BOX」

ここではベースとなる「G」グレードに、オプションの特別カラーやカーアクセサリーを付けない状態での価格をご紹介します。

                                                                               
現金一括購入定額カルモくんで
9年契約
総額142万8,900円+税金、保険料、諸費用222万1,560円(税込)
月額0円19,250円(税込)
都度税金、保険料、車検費用、燃料代、駐車場代車検費用、燃料代、駐車場代

アクアと同様に、購入する場合は、車両価格に加えて税金や保険料、点検費用、ナンバープレート取得費用、車庫証明取得費用などの諸費用として、車両価格の20~30%程度が必要になります。
したがって、NBOXの場合は28~43万円程度かかり、総額としては170~186万円ほどになると考えられるでしょう。

カーリースの定額カルモくんの月額料金には、購入すると9年間で都度必要になる各種税金や保険料を含む法定費用も含まれているため、車関連でまとまった出費が必要になるのは車検費用くらいです。さらにメンテナンスプランに加入すれば、車検や点検整備などにかかる費用もリース料金に組み込むことができます。

単純に総額だけを見ると購入のほうが安く思えますが、カーリースの料金には購入時とその後9年間でかかるさまざまな費用が含まれていることを踏まえて比較してみると、必ずしも購入がお得とは限らないことがわかります。

カーリースの定額カルモくんをお得に利用できるしくみ

カーリースの定額カルモくんをお得に利用できるしくみ

カーリースの基本的なしくみは、月々の定額料金の支払いだけで、好きな新車にマイカーのように乗れる、というものです。
ここでは最後に、購入と比べてお得に車に乗れるカーリースの特徴を、定額カルモくんのサービスを例に、詳しく見ていきましょう。

頭金0円で月々の定額料金だけで利用できる

車を購入する場合は、現金一括の場合はもちろん、カーローンを利用する場合も頭金を用意しなくてはならないケースがほとんどです。頭金は数十万~数百万円とまとまった金額になるため、家計への負担も大きくなります。
その点、カーリースの定額カルモくんは、頭金0円、ボーナス払いもなしで利用できます。まとまったお金を用意しなくても、気軽にカーライフを始められる点がメリットのひとつです。
国産メーカーの全車種を取り扱っており、購入するよりも車両価格が抑えられるため、入手をあきらめていたようなワンランク上の車種に同じ予算で乗ることも夢ではありません。

残存価格設定がある

カーリースの月額料金を算出する際は、契約満了時の車の残存価格(残価)をあらかじめ設定します。残存価格とは、車を返却するときのみなし査定価格です。設定した残存価格を車両価格から差し引くことで、カーリースはよりリーズナブルな料金を実現できています。

ただし、残存価格はあくまでも想定したものであるため、契約満了時の車の査定額が確約されるわけではありません。
リース会社によっては、設定した残存価格と査定価格に差額が生じた場合に、差額精算をしなくてはならないところもあります。これは、「オープンエンド方式」の契約方法を採用しているカーリースを利用するときの注意点でもあります。

なお、定額カルモくんでは、差額精算がない「クローズドエンド方式」を採用していますので、契約満了時の差額負担もありません

オプションで車がもらえる

定額カルモくんは、月々500円(税込)で車がもらえるオプションを付けることができます。
通常、カーリースは返却をしなければなりませんが、オプションを付ければ契約満了時に車を返却せず、追加料金なしでそのまま車をもらえます
このオプションは新車を7年以上契約することが適用条件です。
契約満了後も使い慣れた車に乗り続けたい方にもおすすめのオプションとなっています。

メンテナンスプランに加入すれば整備費用も月額定額に

定額カルモくんは、車検代や点検整備費、消耗品の交換費用なども月額料金に含めることができるメンテナンスプランを用意しています。
メンテナンスプランは3種類あり、ベーシックな内容の「シルバーメンテプラン」、必要なメンテナンス項目がひと通りそろった「ゴールドメンテプラン」、さらにメーカー保証の期間終了後も同程度の保証が可能な「プラチナメンテプラン」から選択可能。メンテナンスや車検を受ける業者は、全国30,000店舗以上の提携店舗から、自宅や出先から近いところを自由に選べます。

定額カルモくんならインターネット申込みで「お得なネット割」も

定額カルモくんは実店舗を持たず、オンラインに特化することで、リーズナブルな価格を実現しています。最大49,500円のネット割が適用できるため、よりお得な料金で利用できるのです。
自宅からいつでもインターネットで申込み可能なので、忙しくてなかなか店舗に行く時間がないという方にもおすすめです。

口コミバナー_カルモくん

購入とカーリースで悩んだら、初期費用や維持費も比較してみましょう

新車を購入するか、カーリースを利用するかは、単に支払総額だけに注目するのではなく、必要な初期費用や、購入・リース後の維持費にいくらぐらいかかるのか、といった細かい項目も比較してみることが大切です。カーリースの月額料金には車両価格だけでなく、契約期間分の法定費用や各種手数料も含まれる上、プランの選び方次第で車検やメンテナンスにかかる費用も組み込むことができます。結果として、カーリースのほうがお得かつ手軽にマイカーに乗れる可能性も高くなってきます。
「おトクにマイカー 定額カルモくん」ではプランやオプションごとの料金シミュレーションをネット上で簡単にできるため、費用感を知りたい方は気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q1:カーリースのどこがお得?

A:新車を購入した場合は、頭金などの初期費用が必要です。また、税金や保険料などは毎年負担しなければなりません。しかし、カーリースなら初期費用は不要で税金や保険料などは月々の定額に含まれています。

Q2:「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」の違いは?

A:オープンエンド方式は、設定した残存価格と査定価格に差異が出た場合、利用者がその差額を負担する方式。クローズドエンド方式は差額精算をしない方式です。定額カルモくんはクローズドエンド方式で利用できます。

Q3:カーリースの月額料金に含まれるのは?

A:各種税金のほか、自賠責保険料、リサイクル料金、各種手数料などが含まれています。定額カルモくんの場合、メンテナンスプランを選ぶと、車検費用や消耗品の交換費用まで含まれます。

関連記事